« see you soon | トップページ | 波乗りレポート2009/06/27 »

マイケルジャクソン

身内が亡くなった。

両親からその知らせを受け

そしてマイケルジャクソンの訃報。

私なりの思いを書こうと思ったが

なんか手も足も出ない・・・。

以下、代弁してくれるブログ記事を見つけたので転載。

マイケルありがとう。

わかってるよ。

日本にも時々来てね。

626tree君の心の中にあるよ

僕は知っているよ

それが愛なんだ

そしてそれこそが

明日よりももっと 素晴らしい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Michael Jackson ”Heal The World”より。

多くの人が見ようとはしなかった

ほとんどの人が気付かなかった

彼の内側の素晴らしさには_。

『彼の魅力的な持ち物』抜きにして

ありのままの彼を理解し愛した者は

一体どれだけいるのだろうか。

心に触れ、そっと抱きしめてあげた者はいるのだろうか。

『僕は一皿のスパゲッティなんだ
みんなが僕をバラバラにしてむしり取って行く』

かつてそう答えた青年は

いつしか鎧を纏う事を覚えた。

”喜怒哀楽”の”怒と哀”を捨て去り

周囲の求める自分を演じる道を選んだ。

そうする事で守った。

内側の世界、彼の聖域だけは。

自分に近付く全ての者の眼の中に

$が見える日々はどれほど恐ろしいものなのだろうか。

自分の失言を、躓きを心待ちにペンやカメラを構えた人をもが

満面の笑みで握手を求めてくる人生はどれほど孤独なのだろうか。

神様からのギフト=『才能』という名の

たったひとつを持って生まれた者に対して

たったひとつを持たない者達は

たったひとつのもの以外を全て奪い去ろうとする。

”財産・地位・名誉・名声・プライバシー”

数え切れない多くのものを。

けれど

それでも

決して奪えないものがあった。

その『才能』。

そして内側の世界・・・溢れる愛、果てない夢(世界平和)。

それは無垢な彼の魂そのものだった。

長い間守り続け、くたびれた彼は

とうとう光の国へと呼び戻された。

”世界を癒そう 素晴らしい場所にしよう

君にとって 僕にとって そして 人類全てにとって

死んでいく人たちもいるんだ

もし君が生きていこうとするのなら

もっと素晴らしいものにするんだ 君と僕のために _”

カタチのなくなったあなたからはもう

誰も何も奪えやしない。

守り続けたものだけが

本当に伝えたかったことだけが

歌声に乗って

この世界に響き渡って行く_

奪おうと伸ばす者の手さえ届かなくなる

10年後、50年後、100年後

この地球が回り続ける限り

ずっとずっと...

おつかれさま_。

http://www.youtube.com/watch?v=N2HHdkeOxhg

|

« see you soon | トップページ | 波乗りレポート2009/06/27 »

スピリチュアル」カテゴリの記事