« 待ち合わせ時間 | トップページ | see you soon »

私がブログでスピリチュアルなことを書く理由3

この題名も3回目になった。catface

やっぱり理由は、「書け」って突き動かされるから。

・・・

私は再三思うが、私はただの人間です。

天からお墨付きをもらったわけでもなし、

公に話せる目覚めの瞬間があったわけでもなし。

いち、人間なだけ。

でも、こうやって書いていっている事実があるとしたら、

それはなにかちょっと「使命」のようなものを感じる。

shine

もともと目に見えないものや、宇宙の神秘には惹かれるものがあって、

逆に見えるものや、科学的エビデンスが確立しているものほど・・・

「うさんくさい」

と思う性質だった。

「これはこうだ」と教えられるほど、疑問が果てしなく生まれる子供だった。

「なんで、あなたにわかるの?」って

な~んか、大人全般に思った。

それに比べて同年代の子供達はよかった。

「これはこうだ」と押さえつけない。

「こうだ」と言ったり言われても「ちがうかも」と言ったり言われると

「ちがうかもね~」ってそこからまた広がる。

きめつけない

大人は「こうだ」って決め付けて押し付けようとする感じがしてなんか嫌だった。

・・・

・・・

その感覚・・・

立派な大人になった今、私、再燃しているんです。

今になっては大人が、とか子供が、とかの単純なものではないけれど。

今、この大事な時期・・・

気をつけるべきこと・・・

それは

「これはこうだ」と

強い断言を鵜呑みにするな。

です。

・・・

大人になるにつれ、意図的な世間の刷り込みや

個人的な思い込み、教訓、座右の銘などに固執したり、

言い訳のために人生の苦悩を正当化するという・・・

実はまったく不要な

むしろ邪魔な

思考回路が出来てしまうために

どんどんどんどん忘れてわからなくなってしまう感覚。

「これはこうだ」

と言われて子供の時嫌じゃなかった?

それを「反抗期」とか「未熟」とかで押さえ込まれてきたけれど

そうじゃない。

・・・

・・・

・・・

「これはこうだ」と

強い断言。

鵜呑みにしてはいけない。

なぜか

・・・

本物を見分けられるから。

子供であればあるほど

これに強く反発する、

聞き分けがない

泣きまくってむずかりまくる

なぜか

子供であればあるほどかつての記憶が鮮明だから。confident

・・・

・・・

・・・

「これはこうだ」と

強い断言を鵜呑みにするな。

強ければ強いほど・・・。

新聞の記事

ネットの記事

誰か有名なタレントのコメント

人気雑誌の見出し

・・・

今年のトレンド

今年の買い

今年の・・・・

・・・・

・・・・

数え上げればきりがないね。

気づいてる人はもう相当いるね。

そういう波動を凄く感じるから。

20090620144439

2009.6 山もも

後は自分が感じるだけにとどまらず

それを表に現して

気づいていない人が気づけるように働きかける段階じゃないかな。

そういうところにきているよね。

無理やり気づかせるのではない。

気づいた人が気づいたことを隠さないでいるということ。

あるがままでいるということ。

ただそれだけ。

・・・

スピリチュアルなことを声にだして表すのは勇気がいるかもしれない。

10人中1人は引くかもしれないから?。

目の前のこの人はその10人中の1人かもって思うと・・・

もう誰にも話せない。

それはわかる。

それならそれで自分磨きを続けて・・・

・・・

ある日、

気づきを表すよりも

隠すほうが勇気がいるようになる。

私がそうだった。

スピリチュアル、とかアセンションとかフォトンベルトとかメッセージとか・・・

思いっきり受けているのに

それを受けていないふりをするほうがつらくなった。

だからこうやって書いている。

それも「書け」って突き飛ばされるくらい背中を押されているし、だ。

まだ全体像ははっきりいって見えていない。

でもだからこそ書けているのかも。

私はほんの、ただの人間だから

そんな私がこんなに突き動かされているから

もう相当のひとが感じているはずだから

気づいて欲しくて書いている。

人生はテレビと一緒。

なんチャンがみたいか?

人生は自分が見たいチャンネルに周波数をあわすだけ。

誰にも平等に電波は届いている。

自分のチューニングで好きなものが見られる。

今までの人生の紆余曲折はすべて自分がまわしたチャンネル。

それをできるだけ多くの人が

腑に落ちて欲しくて書いている。

いろんなピンポイントのメッセージの中でも

いつも変わらないメッセージ

それは

もう時間がない

となります。

今日もいろいろありがとうcherry

20090620145357

2009.6 古代ハス

|

« 待ち合わせ時間 | トップページ | see you soon »

スピリチュアル」カテゴリの記事