« 今日の庭 | トップページ | 生と死の格言3 »

生と死の格言2

・もし

本当に死の精髄を見たければ

生の実態に向けて心をいっぱいに開きなさい

なぜなら

川と海が一体であるように

生と死は一体だからである

byジフラン

・人間は心の底ではまったく死を嫌悪していない

死ぬのを楽しみにさえしている

消えてゆくランプに悲しみはないのである

byシャトーブリアン

一粒の麦は

地に落ちて死ななければ一粒のままである

だが、死ねば、多くの実を結ぶ

byヨハネによる福音書1224

・死だけが唯一の本当の締め切りである

生きている限り

学ぶべき事がまだある

byエレン・スターン

・人生は夢である

死がそれを覚まさせてくれる

byホジヴィリ

・だって治療にはとても金がかかるよ

だから、どうせ死ぬと決まっているのなら

その金を蓄えておくほうがいいよ

byルニャール(仏・喜劇作家)

・死ぬことは悪くない

死について考えることから開放してくれるから

byジュール・ルナール

・生きているということは一つの病気である

誰もがその病気によって死ぬ

byポール・モーラン

・人は いつか死ぬということを思い知らなければ

生きているということを実感することも出来ない

byハイデッガー(独・哲学者)

・もっとも偉大な人々は

人に知られること無く死んでいった

人々が知るブッダやキリストは

第二流の英雄なのだ

byロマン・ロラン

・自分の命を愛しても憎んでもいけない

だが生きている限りは命を大切にするがよい

長く生きるか

短命に終わるかは

天にまかせるがよい

byミルトン

・生まれた以上

死なねばならぬ、ということ以外

確実なことはなし

byクリティアス

・死のことは考えるに及ばない

死は我々が手を貸さなくても

我々のことを考えてくれているのだから

byシェンキェーヴィチ

・なぜ死を恐れるのか?

人生で最も美しい冒険だから

byフローマン

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私の今思う死は。

死にたいです

今すぐ

故郷に帰りたい

天命を全うする覚悟はあるけれど

出来ればそう長くないことを願います

長い天命を必要としている人に

私の命を変わりに使って欲しい。

私の命が長いものならば

短い人で

もっと本当は長く生きる必要がある人にささげたい。

私の命

使ってください。

ささげます

喜んで!

私はもういいから。

心から魂からそう願います。

|

« 今日の庭 | トップページ | 生と死の格言3 »

生と死」カテゴリの記事