« 秋分の日を超えて・・・ | トップページ | 続・お米の収穫 »

お米の収穫

稲刈り

初体験でした。

思えば、小学校低学年のある運動会のお遊戯で

テーマが田植えのお遊戯をした。

よ~~~く憶えている。

なぜかというと

掛け声が随所で入るんだけど

なぜか私がその役をやりました。coldsweats01

まだ10歳にもならない私はさすがに緊張もしたし

思い入れも大きかったのでしょうか。

良く憶えている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中腰で田植えするパフォーマンスから始まり

草取り

稲刈り

その後・・・

・・・

今思うと第一次世界大戦が始まり

女子供が竹やりでの応戦の演習をするようなパフォーマンス

長い竹の棒で相手と戦う振り付け・・・

結末は・・・

・・・

忘れた。sign04

そんな感じのお遊戯でした。

思い出話はさておいて。

我が会社のプロジェクトである棚田の稲刈りしてきた。

20090926091708

2週間前に見たときよりも、

頭をたれていて黄金色に育っていた。

きれい!shine

なんて自然て美しいのだろう。

そんな感動に心も身体も魂も震えた。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

20090926091741

柿もたわわに実っている。

普通においしいんだ。

20090926093418

20090926094716

稲刈り開始。

私は初体験!

カマなんて使ったこと無くて不安たっぷりだったが

始めてみたらもう無心!lovely

大好物の「無」に感謝だった。

稲をひと束手でにぎって、カマを手前にバスっと引く。

ザクッという音と、その瞬間、

稲穂同士が触れ合うさわさわっと鳴る音が・・・

もう芸術です。confident

豊かってこれだ・・・と

知りました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20090926100959

中央の紫色のお花

稲を悩ます雑草が咲かせるお花。

きれいなんです。

沢山沢山咲いている。

お米のそばで咲きたくて咲きたくて

邪魔だと言われようとも

咲きたくて咲かす花です。

・・・

慣行農業だと除草剤を相当まくので

こういう花は咲かない。

我らは無農薬での自然農なので

手作業での雑草取りには限界があり

こうやって花まで咲く。

感慨深い思いがしましたよ。

右上はカマです。

20090926103610

手で刈った稲は湿気らないようビニールシートの上に集める。

20090926133834

脱穀機にかけている様子。

こういう光景は今なかなか見られないそう。

20090926133850

こんなん出来ました~note

20090926134057

20090926134301_2

おやつタイム。

近所の生産者さんからの差し入れdelicious

あ、そうそう

お昼はもちろん炊き出し~restaurant

かまどで炊いたご飯に具沢山お味噌汁

ぬかづけ、浅漬け、

またまた近所の方の差し入れ卵や秋刀魚でワイワイ。

材料はすべてそばを流れる小川で洗って・・・。fish

子供達は稚魚をとったり、虫さんたち(バッタ、カブトムシなど)

と遊んで楽しそう。

20090926134608

20090926140512

20090926141900

これも脱穀機。

20090926171331

真っ赤な夕陽だった。

最近オーブが青から紫~ピンク(濃い)に変わった様子。

20090926171532

コスモスさん。

20090926150927_4

太陽のオーラもピンク~レインボーheart02

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

田植え時の人数に比べ、

稲刈り人数は約半分だった。

しかし作業効率は良い。

少数精鋭な雰囲気があった。

最近の地球のかもし出す波動はそんな感じだと思う。

何かのきっかけを投じるもの

それをまとめるもの

どれが良い悪いではない。

何が正しい間違いではない。

ただただ真実、今が在る、だけ、ってこと・・・。

・・・

このプロジェクトに関しても

同じ社内の人間だとしても

本社、支社、と分かれているので

全員顔見知りなわけではない。

その中で

大した指示や仕切りをしているわけでもないのに

一つの使命が円満に順調に進んでいく。

・・・

今回の稲刈りでも

体力のあるものは体力仕事を

補佐が得意なものは補佐を

励ましの言葉が上手なものは励ましの言葉を言い続け

なぜかお互い特別な気遣いなしに

自然にしているだけで

それだけで調和が取れている。

そして作業が効率よく予定以上にはかどる・・・。

confident

これは今の地球のアセンションの最終段階のまとめの流れがなせる業でしょう。

先月から地球のアセンションをサポートするために

地球に下りてきた沢山の異星人の影響もあるようです。

時間は激しい流れでゼロに近づいている。

「過去を懐かしむ今」も、「未来を作るための今」も

もういずれそんな思考は無くなるんでしょう。

実際、自分も

過去の出来事を証明するために動くことや考えること、

過去の出来事を否定するために動くことや考えること。

未来の理想の自分を実現するため動くことや考えること

未来の希望しない自分にならないために動くことや考えること。

↑↑↑

それらすべて

もうごっそり私は無い。

なんでかは言葉では表しがたい。少なくとも今は。

少し前はあったように思う。

ただ

絶えず今がすべてで今を大事にすることが

最も心安らかであることが少しづつかもしれないけど

わかった気がする。

今日思ったこと。

会社で見るあの人と

自然の中で見るあの人は

全然別人だということ。

確かに現実では同じ人だけれど

明らかに違う人だということ。

脱穀し終わったわらの山に子供みたいに飛び乗って

ハイジだ~とはしゃいでいるあなた

得意の草花の説明を輝く目で教えてくれるあなた

初めて見る名もなき花に感動して見ほれているあなた

こんな光景夢みたいだ、

と若者が田んぼに没頭している場面をカメラにおさめる年長者

言い出せばきりが無い

そんな楽園のような一日だった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

もはや激流に入った地球だが

こんな人々もいる。

地球の(宇宙の)アセンション、

これは何度も私も言っているが

不安と思うか、希望(至福)と思うかは

すべて本人次第。

二極化が進んでいるのです。

これも何度も言っている。

本来このアセンションは楽園への過程。

しかし幸福を手にするための試練がある。

その内容は人それぞれだけれど

そこで失望するか

生みの苦しみとするかは本人次第。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今日の稲刈りの作業は相当重労働だったのだけれど

しかしやさしい時間が終始流れていた

よって身体の疲労は魂の癒しによって相殺されただけでなく

より全霊が上昇した次第です。

支離滅裂な文ですみません。coldsweats01

着地点が見つからないので今日はこの辺で。

続く・・・。

 

 

|

« 秋分の日を超えて・・・ | トップページ | 続・お米の収穫 »

」カテゴリの記事