« 秋分パワー | トップページ | 秋分の日を超えて・・・ »

生と死の格言4

・世界に別れを告げる日に

ひとは一生をふりかえって

自分が本当に生きた日が

あまりにすくなかったことに

驚くだろう

by茨木のりこ

・人は

死んでも

その人の影響は死ぬことは無い

byキング牧師

・死ぬなら楽に死ぬ

苦しむなら治る

どっちかにしてもらいたい

苦しんだ上に死ぬなんて

理屈に合わぬ

by伊丹十三

・君は僕がよく「30歳で死にたい」と言っていたのを覚えているだろう?

僕はいま29歳だが、

今もそうなればありがたいと思っているよ

byフィッツジェラルド

・遺族が苦しむ、悲しむから死ぬなというのは、わがままではないか?

by自殺者の遺族

・生まれたときから死ぬまでの時間をどんなに引き延ばしてみたって仕方が無い

この間が本当に充実していなければ

やはり人生は短いのだ

byジャン・J・ルソー

・自殺とは人間的能力への窮地の確信なのです

ある意味で野心的であり

虚栄ですらあるかもしれません

決して自己放棄ではありません

by亀井勝一郎(文芸評論家)

・常に死を覚悟していれば、心は動じない

by藤堂高虎

|

« 秋分パワー | トップページ | 秋分の日を超えて・・・ »

生と死」カテゴリの記事