« つじつま | トップページ | ラスト一ヶ月 »

国内最古の旧石器(島根県立古代出雲歴史博物館)

20091017152526

すばらしい博物館だった。

http://www.izm.ed.jp/

http://furusato.sanin.jp/p/area/izumo/93/

2007年3月開館。

自然に囲まれ、駐車場から入り口までは、古代出雲大社本殿に続く、

階段と同じ距離(110m)とのこと。

20091017125023

(設計は「幕張メッセ」や「六本木ヒルズ内のテレビ朝日」を手がけるなど、

世界的にも有名な建築家・槇文彦氏)

ガラス張りの開放的な建物、

敷地には広い庭園、体験工房(伝統の勾玉作りなど)、

体験水田(古代米の栽培)

と、ゆったりと、のんびり。

二階には広々とした、やはり総ガラス張りのカフェテラスがある。

(私は時間がなくて入れなかった。

熱い紅茶でも飲みたかったな。)

館内は時間帯によってBGMを変えているという。

照明はダウンライトで、足元に文字や遺跡の姿などが映し出されて

本当に癒し空間、

間違いなくヒーリングスポットと言ってもいいくらい。

大都会のそれとはまったく違い、

きっと展示されているものものたちも、昔のまんま

リラックスしているのだろうな、と

うれしくなるような博物館。

約3時間いたが、全然足りなかった。

閉館の時間になってしまったので仕方なかった。weep

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

島根県にはたくさんの遺跡があり、特に有名なのは国宝である、

荒神谷遺跡の銅剣、加茂岩倉遺跡の銅鐸(どうたく)。

銅剣はなんと358本も出土。

この数はダントツ。

以下、ある記事転載。

・・・

古代の出雲王朝は、高度な製鉄技術により、軍事力で天下無敵を誇った。

しかし、強大な軍事力で他国を屈服させ続ける限界を知る。

武器の象徴である銅剣を埋納し、鉄剣を放棄して、「戦争放棄」の証しとした。

・・・

転載終わり。

その全てが展示されている様は圧巻でした。coldsweats02

本物はさびているが、当時を再現した光り輝くレプリカの剣が並べてある。

古代の神秘を感じた。

なんでも、剣は単に「埋もれていた」のとは違い、

きちんと整列されて埋まっていたそう。

明らかに人為的に「埋めた」ものだという。

まだまだなぞの多い遠い昔の出来事。

日本数箇所で銅剣は出土しているが、約50cmほどの長さの銅剣たちの

358本中、344本の真ん中あたりに{×」しるしが刻まれているそう。

このしるしがあるのは島根県で出土したものだけだそう。

「×」しるしの意味はなぞながら、「神霊をここに結び鎮める」

埋納した剣の持つ威力が逃げないようにするための手段などとも考えられているそう。

・・・

さて、ラッキーにも、私がここに訪れる数日前に新しい出土があった!

その特別展示をしていた。

以下転載

・・・

国内最古の旧石器を出雲で発見 12万年前、これまでより3倍古く (1/3ページ)

2009.9.29 18:18

このニュースのトピックス:汚染・環境破壊
砂原遺跡から出土した、約12万年前の国内最古と見られる石器。兵庫教育大の成瀬敏郎名誉教授が発見したもの=29日午後0時29分、松江市(安元雄太撮影)砂原遺跡から出土した、約12万年前の国内最古と見られる石器。兵庫教育大の成瀬敏郎名誉教授が発見したもの=29日午後0時29分、松江市(安元雄太撮影)

 国内最古とみられる約12万年前の旧石器時代の石器20点が、島根県出雲市多伎町の砂原遺跡で出土し29日、同遺跡学術発掘調査団(団長、松藤和人同志社大教授)が発表した。国内ではこれまで3万5千~4万年前の旧石器が最古とされていたが、8万年以上さかのぼることになり、日本列島に人類が存在したことを示す画期的な発見となりそうだ。

 同遺跡で地質調査をしていた成瀬敏郎・兵庫教育大学名誉教授(古土壌学)が8月、日本海から約100メートル内陸に入った地層面が見える崖(がけ)で石片を発見。松藤教授が鑑定したところ人為的に加工された石片の可能性が高いことが判明し、詳細な発掘調査を実施した。

 石器は、石英の一種の玉髄(ぎょくずい)製などで長さ2~5センチ程度だった。いずれも人の手で割られたとみられる鋭い断面が確認された。この石器は、ナイフのように使った可能性もあるという。

 地層の分析で、石器の上40~50センチに積もった火山灰層が約11万年前、近くの三瓶山(さんべさん)が噴火して形成された「三瓶木次(きすき)火山灰層」と特定。見つかった石器は、この地層よりさらに古いことが分かった。

記事全文↓

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090929/acd0909291821009-n1.htm

それを報じた新聞記事、実際の出土品、地層なども展示されており、

みな真剣に見入っていた。

20091017152452

20091017175554

つづく。

|

« つじつま | トップページ | ラスト一ヶ月 »

出雲路」カテゴリの記事