« 夢というもうひとりの自分 | トップページ | スピリチュアルソング20091122 »

出雲大社~縁結び~

20091017142040

izumo.雨宿り by akiko

ご祈祷を受け、参拝を無事済ませたとたんの雨。

20091017141446

ごろごろと空が鳴り出し、大きな雷の音。

参拝客は驚きの声を上げ、屋根の下へ。

みるみる雨足は激しくなり 雷が鳴り光る。

・・・

私はうれしかった。

さっきまで良いお天気だったのに

なんだか「雨降って地固まる」というように

出雲の神様が意思表示してくれたように感じたから。

confident

自発的にしかもひとりでご祈祷をしたのは初めてだった。

縁結びの神と呼ばれるだけあって、

独身らしい女性グループや、カップルが目立つ。

その中に新生児を抱きかかえた家族つれが2組。

私のようにひとりで来ている男性もいた。

20091017124352

izumo.ムスビの御神像 by akiko

20091017124617

izumo.波と共に招来する幸御霊奇霊(さきみたまくしみたま)を待ち受ける

大国主大神(オオク二ヌシノオオカミ) by akiko

豊かな出雲の国をみて、天照大御神(アマテラスオオミカミ・太陽の神)が

子孫の大国主大神へ国譲りしたとき

大国主大神の言葉。

「私はこれから かくれたる神事(目に見えない人の縁)を治めよう」

縁とは目に見えない

縁とはかくれたる神事・・・

この縁とは 男女の縁だけではなくすべての人が幸福とつながれるようにという深い意味

・・・

ご祈祷は御仮殿で行われた。

(現在 出雲大社は60年に一度の大遷宮のため、本殿は覆いがかけられ修復が行われている。(平成20~25年))

20091017135805_2

ご祈祷は太鼓と笛で神楽の演奏や巫女の舞が神に捧げられ

神主が神様に直々に願いを伝えてくれるもの。

私はその最中

場のすばらしい空気やバイブレーションに包まれて

涙が止まらなかった。

・・・

悲しいのではない。

愛に満たされて胸がいっぱいなのだ。

また魂が磨かれて覚醒してゆくのがわかった。

・・・

御護摩を受け取り、杯をいただき外に出て、参拝した後の

この大雨は そんな私に対する答えなのだと

しか、と伝わった。

20091017135557

20091017140209

20091017140225

20091017140244

本殿内を枠越しに。

20091017140526

平成の大遷宮を知らずに参ったらしい人が

「本殿が参拝できないなんて運が悪いわね」と話していた。

私は逆に思った。

本殿に会えないのには意味がある。

・・・

大雨で全体にご高齢者が多いツアー団体客が 困っているのを見て

「皆さん、恵みの雨ですからね~。そう思いましょう!」と

ツアーコンダクターの女性が声をかけていた。

20091017143355

izumo.雨上がりの石 by akiko

ひとしきり降り続いた雨はやがてやんで すぐ太陽がのぞいた。

雨前と、雨後にくっきりと境界線をつけたように

雨は出雲大社の気をパワーアップさせたと感じた。

サーフィンした後の海あがりのすがすがしさのように

・・・

温泉からあがったリラックス感のように

・・・

私は何ともいえない心の軽々しさを憶えた。

20091017143014

izumo.アフターザレイン by akiko

日本での神社とはスピリチュアルスポット。

お願い事はなんであれ、本人の自由。

ただ大事なのはスピリチュアルスポットは宇宙と繋がりやすい場。

個人的なお願いではなく、地球規模、宇宙規模のお願いであることをおすすめする。

参ったあとの心の軽々しさ

魂の覚醒してすばらしく満たされた気分

現在 過去 未来はすべて今ここで同時に起こっているという感覚

それらを忘れずに。

これからも迷い、さまよう日もやっぱりある。

そういう時はこのときの感覚を思い出せますように。

いつも調和し、ニュートラルな私でいられますように。

20091017143304

来週は稲佐の浜で「神迎祭」。

浜から神迎えの道をとおり

八百万の神神がいよいよ出雲大社にやってくる。

|

« 夢というもうひとりの自分 | トップページ | スピリチュアルソング20091122 »

出雲路」カテゴリの記事