« あの鐘を鳴らすのはアナタ | トップページ | 今日の庭 »

プレゼント

クリスマス

聖なる夜

皆さんはどうお過ごしでしょうか。

xmas

confident

わたしといえば洪水のようなメッセージが降ってきており

なにをどうかみ締めればいいか混乱気味ですが

まあ、性格上、「まあいっか」「なるようになるさ」

て感じです。

bleah

洪水のようなメッセージの中で際立っていたのは。

「強くあろう」

ん~?いつか聞いたなあ。

あ、ツインソウルからいっつも届いていたサインだ。

・・・

でした。coldsweats01

ああ、ですよね・・・

私、弱いよな~。sweat01

体力は人並み以上だけど

相変わらずね

精神が弱いよね。

精神が弱いよね。

は~。sweat02

精神を磨こう。

アセンションのうずのなか、がんばれ。

そんなエールがクリスマスプレゼントでした。

がんばれ、がんばれ。

ありがとう。

すばらしいプレゼントだと。

・・・

「宝」は魂です。

地球、宇宙の宝はこの魂。

自分の魂を磨くことは宇宙の宝を磨くこと。

2009年

3次元が消滅した歴史的な今年

プレゼントは物質じゃない。

以下、よく行くブログの転載

3次元領域は、すでに「この世界」にはない

今日のお題に入る前に、私は定期的に、
次のことを確認しておく必要があります。

このブログの読者さまは、何があっても、
Kagariを信じてはいけません。
Kagariの言うこと、書くことを信じてはいけません。

あなたが信じるべきなのは、
何処までいっても、自分自身です。

(それは、妄信してはいけません、ということよね★)


地球人類という種は、地球上で長らくの間、
3次元領域と4次元領域(魂の待機領域)の間を、
行ったり来たりの輪廻転生システム
というサイクルの中で生き続けて来ました。

ですが、西暦2009年の現時点において、
私たちが住んでいる物質界という「この世界」には、
3次元領域は、何処にも存在していません。

周囲を見渡してみても、
地球地表上の何処を見ても、
もう、この地球上には、3次元領域は、
存在していないのです。

そして、あらゆる憑依が無くなったということは、
この地球上には、さらに、4次元領域の、
最下層が無くなってしまっています。

現在、私たちの「この世界」は、
4次元領域の中層部から上層、
上層から最上層のあたりです。

これは、各個人が、その時点で所有している
意識と周波数水準により、存在する位置と、
周波数帯が異なります。

高い意識と周波数水準に上昇するに従って、
その方の存在する周波数帯の幅が広がってゆきます。

すでに、この時点で、
アセンションを完了されている方々は、
基本的には、5.1次元の肉体と、
16次元の霊体(エーテル体)に変容されています。

これをもって、半霊半物質体、あるいは、
ライトボディという状態にあります。

この方々は、物質界と
新しい地球の5.1次元世界との、
両方の住人となっています。

惑星生命体としての地球のボディは、
つまり、アセンション後に住む基本的な
地球の世界である半霊半物質界は、
5.1次元領域内の周波数帯の中にあります。

霊的(エーテル的)には、やはり、
16次元となっています。

現時点で、アセンション可能な、
DNAの本数は、3本所有以上からとなっています。

それ以上の本数の差には個人差があり、
DNA36本所有する方が最高の本数と云えるでしょう。

これは、「弥勒の世」の世界を生きる人々ということで、
DNA36本、その「36」の数字に表されています。

その他に、アセンションするために最低限必要な条件は、
光のネットワークに繋がっていること、
心と魂の浄化が完了していることの2点です。

心と魂の浄化が完了されているかどうかを知るためには、
「経験により知る」ということ以外にありません。

「弥勒の世」の世界は、地球がアセンション完了して、
西暦2013年にスタートしてから、約3000年間続きます。

この間は、新約聖書でいうところの地上天国であり、
それはいま、まさに到来して来るのです。

しかし、「弥勒の世」は、すでに、ここにあります。

5.1次元領域の新しい地球の世界は、すでに誕生していて、
先にアセンションしていった自然界の生命体たち、
精霊界や天使界の生命体たちがひしめき合っています。

また、この世界は、神仏と人とが共存する世界であり、
高次元のスピリチュアル・ガイドたちと、ここで、
実際に対面することが可能となっています。

4次元領域という魂の待機領域も、
まもなく、完全に無くなりますので、
先に旅立たれた方で、アセンションを
選択された方々の魂も、すでに、
新しい5.1次元地球で待っています。

そこで、本当に、対面することが出来ます。

|

« あの鐘を鳴らすのはアナタ | トップページ | 今日の庭 »

ひとりごと」カテゴリの記事