« 一年で昼が最も短かい日 | トップページ | あの鐘を鳴らすのはアナタ »

神は乗り越えられる試練しか与えません

昨日の続きになりますね

TBSドラマ「JIN」

私は最終回までその存在を知りませんでした。

このところテレビは見ないので。

でも日曜日にたまたまつけたテレビでそのドラマの最終回予告をやってました。

12/20。

こんなドラマやってたんだ~と知りました。

これは見るしかない!と思った。

メッセージでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今、まさに私が感じている世界そのものだった。

JINー仁ー公式HP

http://www.tbs.co.jp/jin2009/staff/

調べてみると、やはりか・・・。

プロデューサーは石丸彰彦氏だった。

このお方のドラマ好きなんです。

世界観が好きです。

きっとスピリチュアルの壷が一緒なんですね。

「世界の中心で愛を叫ぶ」「白夜行」

私のスピリチュアル性を引き出した

私にとって宝みたいなドラマたちです。

やばい、JINはリアルタイムで見逃したのでDVDボックス買わなきゃ。coldsweats02

最終回しか見ていないのでわからないけど、

とにかく最終回、私を揺さぶったセリフだらけだったのでまとめてみる。

・・・

「あいつが亡くなりゃ、あいつの代わりになる奴がおのずと現れて

あいつがやるはずだったことをやるもんさ

世の中ってのはそういうもんだと俺は思うんだよ」

~坂本龍馬が神隠しにあったようにいなくなった時、「JIN」が

「日本の歴史は坂本龍馬なしに進むってことですか?」と勝海舟にたずねたら

勝海舟が言った言葉~

・・・

「世と言うのは万華鏡のようだと思うことがありんす

ヒトという魂(たま)が筒の中に入れられており、

誰かの手がそれを回すのでござりんす

ほんの少しまわすだけで

隣り合う魂(たま)が変わり

すると、現れる模様もがらりと変わる

浮世の面白さでありんすよ・・・」

・・・

「その話を、いつかしてやってくれんかえ

・・・南方仁(JIN)に・・・

目に見える模様は違えど

実は中にある魂(たま)は決して変わらんちゅう話を」

~おいらんの野風が乳の岩(乳がん)でJINの手術を受ける前。

坂本龍馬との会話~

「確かなことは

私が開放されたってことなんです

もう未来のことに一喜一憂する必要も無いじゃないですか

これからは目の前のことだけを見て

ただ懸命に生きるだけでいい

・・・

もっとずっと

・・・

・・・

ずっと生き易くなる

・・・」

~過去にタイムスリップしたJINが

恋人の前世(野風)を助けた変わりに

もう現世でその恋人は生まれないとわかった時の言葉。

未来が消えてなくなったときの言葉。

つまりはもう恋人と出逢えないとわかった時の言葉。~

・・・さて

・・・happy01

このドラマにもツインソウルがいましたね。confident

JINと咲はツインですね。

それを、野風は知っていましたね。

中盤の、ふたりがテレパシーが通じ合うシーンは感動でした。

この二人の場合のツインソウルは

とっても控えめでやわらかなケースだと思います。

ツインソウルのワークは本来大概激しい。

けれど

このケースは本当にいいですね。

お互いを優しく優しく、あせらず、大事に育てることが出来たなら

こんな風だと思います。

時代が江戸時代だから・・・。

だからかも知れないです。

・・・

そして登場人物はすべてソウルメイト

・・・

魂の家族ですね。

「水というのは不思議なものですね

雨になったり

湯気になったり

氷になったり

雪になったり

さまざまな姿になるけれど

本当は全て水

・・・

そして

私達の目には見えずとも

この世から

消えてなくなることは無い

・・・

私はそう思います」

~野風が咲に、JINをヨロシク、と言って去った時の 咲の言葉~

そういう風に人は生まれ変わっていく。

「神は乗り越えられる試練しか与えない

試練の後にはきっとすばらしい未来が」

咲がJINをいつも励ました言葉です。

このドラマ、見ていない人には何のことやらですね。coldsweats01

もし良ければ見て欲しいです。

沢山の人に。

過去現在未来を越えて

魂に響くドラマです。

「何の確証も無いのなら

信じよう

神は乗り越えられる試練しか与えないから」

そして、このドラマの最後、

坂本龍馬の

「夜~~~が明けたぜよ~」のセリフがすばらしいですね。

今回の冬至、ミニアセンション

現世にマッチしてますね。

MISIA

逢いたくていま(official PV)主題歌

http://www.youtube.com/watch?v=MYo5alIaUOk

|

« 一年で昼が最も短かい日 | トップページ | あの鐘を鳴らすのはアナタ »

メッセージ」カテゴリの記事