« ラベンダー風呂 | トップページ | 拝啓・敬具 »

クリスマスシーズン

20091212162014

そして大掃除シーズンですね 。

私は毎年年末仕事忙しいし

まとまった休みが取れないので

日ごろから まめにお掃除整理整頓して年末にためないようにしてる。

catface

といってもなかなか。coldsweats01

12月入るとお休みのたんびにちょこちょこ掃除はじめます。

今日はほったらかしの蘭のお手入れ。

また咲くと良いなあ。

tulip

20091212160814_2

母からもらったチューリップの球根。

再来週、お気に入りの農家から培養土が家に届くので

駆け込みぎりぎりセーフで植える予定。

20091212160923_2

なすくん、まだまだがんばっているよ。

花も数えたら10個近くつぼみが膨らんでいる。

・・・

でも今日わかったよ。

いくらなんでもこれ以上は「強制労働」だと・・・。

日照時間短くて栄養不足だし、寒いし

植物はまっしぐらなのでがんばる。

どんな劣悪な環境でも、思い通りの品質にならなくとも

必死にがんばってしまう。

人間にもそういう人いるよね。

で、過労死したりしちゃうよね。

・・・

このなすの木、(今や木みたいに頑丈coldsweats02

つぼみも花も実もしょんぼりだけど

とにかく生命力的な木々があまりに元気なので処分に戸惑う。

普通は一年草だからとっくに葬ってあげなきゃなんだけど・・・。

実らなくて良いから生きる?って聞いてみようかな。

bleah

さてクリスマスシーズンです。

毎年12月に入ったらとっくに我が家もクリスマスの飾りつけをしているのだけれど

今年はまだでした。

今年は本当にいろいろあって・・・。

母方の親戚の旅立ちが数人相次いだので

母方の親類縁者には年賀状は控える年となりました。

それ以外にも今年は本当に内的に急展開の年で

本当に我ながらまだとても整理がつく段階ではない。

きらびやかなもの、にぎわしいもの、物質的なもの

俗世的なものを

いよいよ完全に排除していたので

とてもとてもクリスマスツリーに飾りつけ、電飾を施すなんて無理だった。

それが昨夜、急展開があった。

メッセージが降りてきました。

今年、この世からとりあえず旅立った魂たちから。

「我々が、今、悲しんでいるとでも思っているのか?」と。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

長寿で、大往生な旅立ちならまだしも

余りに若すぎたり、不慮の事故など、

まだやり残したことはいっぱいあっただろう、と

残された遺族は旅立った人を「かわいそう」に思うことが多い。

けれど、私は違う。

誤解を恐れずに言ってしまえば、

それは、旅人への思いやりではなく、

「自分の弱さ」だと思います。

どんな最後だったとしても、魂はこの地球に生れ落ちる前に

ちゃんと計画を「自分」で決めてきている。

一部始終。

なれそめからいきさつ、そして最後の最後。

起承転結。それは予定通り遂行される。

だから、旅立った人々は全然、後悔なんてない。憂い、悲しみ、何にも無い。

ただただ「お疲れ様」なだけ。wink

いまごろ、一息ついて 好き勝手に極楽浄土をまっとうしている。happy01

舞台芸人が千秋楽をむかえてほっとしているのとまったく同じように。

・・・

私は、10月に富士山の周りをウォーキングする会に参加した。

ある場所に差し掛かったとき、

ガイドさんが「ここは、夜中来ないように」と説明した。

なぜか?

「ここは夜中くると霊がたくさん見えるそうですよ!」と。

up

瞬間メッセージが降りた。

その場はうっそうとした森の中にぽっかりと天が開いたような

空き地だった。

「毎晩、飲んで歌って踊っているんだよ。楽しいんだ。」と。

瞬時にわかりました。

メンバーの中でも「きゃー怖い」というそぶりの人もいたけど、

きっと皆にそれは伝わった気がします。

本気で怖がった人は一人もいませんでした。

母は冗談でしょうが「じゃあ楽しそうだから死んだらここに遺灰まいてもらおうかな?」

なんて言ったくらい。(笑)

・・・

ここで以下転載

中国のお話でこんなのがあります。「男が旅の途中お粥を煮ているうちに眠ってしまう。

男は夢を見て、その中で長い長い人生をおくる。

少年時代や大人になっていくさに出て、そこで殺されて、はっと目覚めるとお粥が煮えている」。

私もこれと同じような夢を見た事があります。

長い年月を一晩の夢で全部経験するという大長編ドラマでした。

我々が現実の人生と呼んでいるものも、終わってしまえば、一晩の夢なんじゃないかなあと思うんです。

・・・

転載終わり。

・・・

私は、今年、息つく暇も無いほどの今世一の苦悩を味わった。

でもその代わりに、今世一の幸せや成長も味わった。

我が家がクリスマスの飾り付けをしなくても誰も困りはしない。

ええやろう~そんな年があっても。

そう思っていた私にメッセージがあった。

繰り返します。

「我々が、今、悲しんでいるとでも思っているのか?」と。

・・・

悲しいのは自分だけだとやっと気づいた。

それはエゴだ、と。

やりのこしたことがあっただろう、とせつないのは「自分」。

悲しいのは「自分」。

もっというと、現世で「まだ」生命があるほうが幸せだと思うのもエゴ。

・・・

計画通りに今世を終わらせたんだから

本人達は達成感でいっぱいで大満足。

そうだった、そうだったわ~と思いだしたので

さっそくデコレーション。

・・・

それに、クリスマスのお祝いは自分だけに向けられたものではない。

皆の幸せを願う祈り。

家族、近親者、世界、宇宙への祈り。

自分が勝手に悲しいからってそれを放棄するのは違う。

・・・

私はわがままだった。

「あるがまま」ではなく「わがまま」だった。

・・・

気づいたので

リビングなど全ての部屋に飾りつけ。(毎年と同じように)

結構楽しくなってきた!xmas

終了してPCに向かおうとしたら

いきなりむせた!

セキがとまらない。喘息の発作みたいに

初めて?位の発作・・・。

そこでまたメッセージ。

「無理しないで・・・」

shine

心をむけているとつづけてメッセージは きた。

「クリスマスの装飾はリビングだけにしなよ」

「すべての部屋はまだ君には無理だ」

「君のしずんだパワーは上向きになっているけれど、まだ完全ではないよ・・・」

「そんな、むせびは初めてだね。息苦しいんだよ。全ての部屋にサンタさんは無理。」

・・・

coldsweats01

はい

即効リビング以外のオーナメント撤収。

・・・chick

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

撤収すると セキは止まり、表しようのない安堵感。安心感。

・・・

家の中が、「今」の私にふさわしいだけの

クリスマスの祈り

へ調整されたことがわかった。

・・・

落ち込みすぎもいけない、

でもがんばりすぎてもだめ。

そんなことかなあ、と。

confident

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

冬至(12/21)も近づいているし

いろんな気づき、不安定がめまぐるしいラスト一ヶ月かと思う。

私は最近、体外離脱(幽体離脱)に導かれていて

当惑しています。coldsweats02

マスターしたいようなしたくないような。

(人からの勧誘とかではないです。内在神からのです。)

・・・

このところ不思議体験が多いのでネットなどで調べてみたら、

この現象は「体外離脱」(幽体離脱)という現象だとわかりました。

私はどうやら体外離脱寸前か、もうしたことあるようです。

(まだそこのところは整理整頓できていません)

体外離脱というものを、意図していないのに

私の願いが=体外離脱なら叶うよ!ってことらしい。

(よくわかんないですかね。笑)

私が無意識にしていた、瞑想方法が「離脱」能力を促進するものだったようで。

知らないよ~。そうなんだ~って感じで。

今日はちょっと凄い体験だったのでビビッてしまっている。

しばらく離脱しそうな行動はお休みするかもですが。

正直、興味わいてきてしまいました。

これについてはおいおい書けたらなあと思っています。

20091213015635_2

  クリスマスツリーの点灯は、だんな様が在宅しているときだけにしなさい、

(ひとりのときは強すぎる)

とメッセージです。

|

« ラベンダー風呂 | トップページ | 拝啓・敬具 »

スピリチュアル」カテゴリの記事