« 拝啓・敬具 | トップページ | 今年最後の新月 »

自殺 復讐

これ以上、後にも先にもきっと無い、

と思うほどの

悲しいこと 辛いことが身におきたとき

人はどう思うのでしょうか。

例えばかけがえの無い人が死んだとき

自分も今すぐ無くなってしまいたい・・・と思うでしょうか。

今なら間に合う、ついていきたいって。

かけがえの無いものが 

ぽっかりと

抜け落ちた日々

毎日行かなければならない学校、職場

周りは何一つ変わらないのに

自分の一部が確実に欠けた、感覚。

前向きに思える日

やりきれないで重い身体を引きずる日

失意の念に支配されて起き上がれず・・・

泥のように眠る日

出逢えたことに心のそこから感謝して明るく過ごせる日

そうかと思えば

もう現実世界では会えないことの寂しさにつぶされる日・・・

・・・

日替わりでやってくる我ながらにして厄介な感情

こんなお天気屋な感情に振り回されることに

もういい加減疲れて・・・。

自ら死を選ぶ人がいる。

または、大切な人を殺した人を殺す人がいる。

・・・

でもね

私は夢を見た。

疑似体験をしたんだよ。

悲しみに耐え切れなくて私は死んだ。

でも

死んでも状況は何にも変わらなかったんだよ。

いや

むしろ悲しみは増した。

無事死ねたのに、その次の世界はまったく今と変わらなかった。

私は苦笑いしたよ。

そしてこう思った。

「悲しみは無かったことには出来ないのだ」と。

自殺は実は意外と難しく、勇気のいることだ。

こんなに勇気を振り絞って死んだのに、

死んだあとの世界は今となんら変わらないなんて

大きなショックだし、

なにより、もうこの悲しみから逃げられないことを

いやがおうにも腑に落ちてしまう。

大切な人を殺した人を殺すのも同じ。

復讐したって、気持ちは晴れない。

・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私はある日、夢に見ました。

悲しみや苦しみは、自殺や復讐では絶対に消えないと。

消えてなくなるものなど何も無いから。

悲しみや苦しみは、

明るいところへ放って

出して

日に当てて

浄化さすのがいい。

とても そこまで思えるまでは簡単じゃないかもしれないけれど

・・・

・・・

今日録画していた映画を見た。

Reign Over Me/

邦題:再会の街で

http://bd-dvd.sonypictures.jp/reignoverme/

人の悲しみは時に想像を絶する。

だけれど

今の私には

これだけはしか、とわかる。

「死んでしまいたいほど、人を愛せた幸せ」

「もうこれ以上の幸せは訪れない、と思えるほどの経験を持てたこと」

悲しみや辛さが深ければ深いほど

それって言い換えれば幸せなんだと。

・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

起こることは全て偶然ではなく必然で

今こうして悲しみや辛さに浸っている自分は必然であるってこと。

自死や復讐は解決の類では決して無いこと。

|

« 拝啓・敬具 | トップページ | 今年最後の新月 »

ひとりごと」カテゴリの記事