« 外国人参政権反対CM決定~ | トップページ | 連載・ソウル(魂)、旅する。~地球直前のキオク »

銅鏡~メッセージ~

20091017152526

島根県の国宝、銅剣銅鐸のほか、私の胸に焼きついたのは「銅鏡」だった。

島根県は何かと縁が在り、いつも私の中にはあったのだが、

この博物館におとづれる際も、なんの予習も知識も無く行った。

国宝の数々はどれも目を見張り、それはそれはすばらしい博物館だった。

そこで終盤に出会ったのが卑弥呼の「銅鏡」だった。

121334l

三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)

(鏡の縁が三角形で裏面に神獣の姿。

もちろん、現代の鏡のように姿が映りそうもありませんね。

でも私は古代ロマンを感じると、こんな風に心に響きました。

姿形としての物体は確かに映らないけれど、心、魂を映す神器。

古代では本当にそれが映ったのだ、と。

実際にそうらしいです。

他に星占術などの羅針盤として使ったとか。

長くなるのでゆかりについては触れないとして)

まず先にびっくりしたのが、この鏡に出会う前にこの鏡を見たことがあった。

これ、知ってる、って思った。

すぐには思い出せなった。どこで見たのだろう・・・。

(もちろん、歴史の教科書とかではないよwink

数日しておもむろに思い出した。

ほんの一ヶ月ほど前、夢で見たのでした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その夢は、なぜか、地下室の会員制の秘密のクラブのような場面でした。

沢山の若者が集っていました。

騒々しい感じは無く、穏やかな音楽が流れて普通に男女が談笑していました。

私の向かいに座っている男性が私を気に入ってくれたのか、なにか差し出しました。

もし、「良かったらこれに連絡先を送信して」と。

今なら、携帯のメールアドレスを赤外線で交換するのに

携帯電話を手渡すなんて変な人、と思ったら、それは丸く、重い物体でした。

coldsweats02そう、まさしくあの「銅鏡」だったのです。

「考えて欲しい。もしいやなら黙って返してくれれば良いから。」とその男性は言いました。

よく思い出してみれば、その男性の風貌は今風ではなく、

縄文人のような、インディアンのような、長髪で、浅黒い肌の筋肉質なワイルドな人でした。

これは、紛れも無いメッセージでした。

・・・

それから、あらゆる時に今まで、「鏡」というメッセージを受け取っている。

それからというもの、鏡に関するメッセージは定期的にあらわれる。

古代、そして私の生まれてきた今世の意味に通じるテーマとして。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、この島根県で発見された「銅鏡」は、我が国の歴史を変える意味を持っていた。

1972年8月、島根県大原郡加茂町神原。(今は合併して雲南市)

神原神社の真下から古墳が発見され、竪穴式石室から、刀剣や勾玉と共に出土した。

この銅鏡がなぜ、日本の歴史を変えるのかというと

話が長くなるので結論から言うと、

「魏志倭人伝」に残っている「邪馬台国」にささげられたとされる

「景初三年」の銘文の刻まれた銅鏡はこの1枚だけだからです。

我が国では、銅鏡が4000枚ほど出土していて、そのうち三角縁神獣鏡といわれるものは約500枚あるのに、です。

「邪馬台国」に関しては、いまだ、場所の特定は為されていない。

これは、出雲の地こそが、「邪馬台国」だったという物証では?というのです。

・・・

いやあ・・・相当はしょりましたが。

興味ある方はゆっくりでいいので触れてみてください。↓↓↓

http://kodaishi-21.hp.infoseek.co.jp/index.html

我が国日本は、建国の詳細が明らかにされていない。

いつどうやって誕生したか、答えられるものも、資料も無いのです。

近代国家の中で他に類を見ない、生誕不明な国。

近代国家ではありえない話なのです。

でも実はもう本当はわかっているのではないか?

なぜ歴史を偽装してきたのか?

、所謂、邪馬台国が出雲では都合の悪いことがあるのではないか?

・・・

私も個人的にそう思います。

私は日本の発展は出雲からだとやはり思う。

実際、島根県とは、山、海、湖、空、気候など全てにおいて恵まれている。

日本の神話の舞台の三分の一を出雲が占めていることや、

風土紀に記載された神社の数が日本一ずば抜けて多いし、

日本書記、古事記にある「根の国」とは島根県である。

日本中にある神社の8割は出雲の神を祀ったものであるなど、

それら、たくさんの要素は

日本の根っこであるからだと思う。

20091017124000

因幡のシロウサギ/akiko

出雲は封印されたのだろうか?

確かにこれだけ神々しく、日本の根っこである、霊場なのに

訪れた感想として、島根県は本当に静かな国だ。

・・・

もしくは、神々しすぎて、逆に関わって欲しくないとでも言っているのか?

この騒々しい三次元、物質世界に成り下がった地球にうんざりして

「もう静かにしてくれないかな~」

なんてあきれているのかな。confident

・・・

私にとって2009年は、急激に島根県を胸に抱える年だった。

2009年の初夢で実はこう言われた。

声「あなたたちにはまだ試練があるけど、いい?」

「はい」

声「黄泉がえり、里帰り。これがいいよ。」

そのときはどんな意味か解らなかった。

後でわかった、出雲は「黄泉の国」とも言われる。

20091017125023

遠い遠い昔、

日本が誕生の産声をあげ、

最初の王はこの本殿から、「日の本」日本(ヤマト)を見守っていたのかな。

・・・ 

引き続きメッセージに耳を傾けたい。

PS.今夜は満月です。

前回が1/1だったから、一ヶ月に二回目の満月。

めずらしいですね。

満月の日は良くも悪くも意味のあることがメッセージとして強く届きます。

|

« 外国人参政権反対CM決定~ | トップページ | 連載・ソウル(魂)、旅する。~地球直前のキオク »

出雲路」カテゴリの記事