« 初夢 | トップページ | 四次元 »

初夢・続

Img_0007

元旦に登った高尾山は、たくさんの来訪の対応に忙しかった。

私の率直な心境は、自分の親戚とか友人が有名人で、

遊びに来たけどあまりの人気ぶりに訪れるお客様が多くて

なじみの私は後回し・・・というか気づかない・・・というか。

私はお忙しい我が大切な人のお邪魔はしないようにしようっと。confident

って思っている。そんな感じがあった。

実際、静かに謙虚に振舞う自分でした。catface無意識に。

私の覚えている一番古い思い出の高尾山は

幼稚園のとき、薬王院に遠足でお泊りしたこと。

だだっ広い院内で幼稚園のみんなとお泊り遠足。chick

母いわく、「凄い疲れた顔して帰ってきたよね、みんな(笑)」

きっと幼稚園生には大変な山登り、初めてのお泊りで神経使ったんだろうね。coldsweats01

しっかり写真が残っています。

大好きな●君とお手手つないでるのにそっぽ向いて笑って歩いてる私。eye

(自然に夢中sweat01

(いや、だって凄いですよ・・・高尾山の杉や場の気のパワーは・・・shine

小学生のころには頂上の木で、お弁当そっちのけで大好きで得意な木登りをした。

心配そうに見上げる先生入りの写真あり。bleah

思春期にはデートもした。

私の成長をいつも受け止めてみていてくれた高尾山。

今度は人の少ない平日に来ますね。

ゆっくり話がしたい。

・・・

晴天で風も無風。リフトで上がったがまったく寒くなかった。

途中、男坂と女坂の二股に分かれる。

108段(人間の煩悩の数)の石階段の男坂を登り、

手水舎でお清めをし、お参りをしてお守りを買って

帰りは女坂のくだりに差し掛かったころ、ずっと無風だった風が

ぶわ~・・・と少しの間吹いた。

まるで参拝のお礼のしるしのように・・・

わかったよ、来てくれたこと、こちらこそありがとう。

というメッセージを感じた。

去年、出雲大社に参拝したときもそうだった。

そのときは突然のスコールのような激しい雨が数分だけ降った。

繋がっている。

確かに全てのものと全てが繋がっている。

断裂しているものなど何も無い。

このように神社仏閣におとづれると、いつもいつもそれを教えてくれる。

すぐ忘れちゃうから。わかったつもりでも

すぐ忘れちゃうんだよね。自分は孤独、とか思ってしまう。違うのに。

・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、初夢は「霊」だった私ですが、実は別にもメッセージを受け取った。

「霊」は2010年のテーマとしての強いメッセージ。

そして、私はそのテーマのキーとしての夢も見ています。

12/31、大晦日に受け取ったキー「先に行ってて」

1/1、 元旦に受け取ったキー「しんじ」

(実は最初はこれがメッセージだと思ったのだが、あとでこれはキーだと知った)

「先に行ってて」はなんにしろ、自分より先に行った人から学ぶ、という意味だと取った。

正確には、夢の中では海にサーフィンに人と来ていて、

自分の支度が遅いから「先に入ってて(海)」と言うとその人は

「そうか」と行って板を抱えて海に入っていく後姿を見る夢だった。

鮮烈だった。

その人は現実、本来は私の先を行くより、私の後ろについてくるのがしっくりする人。

だが、時に私はこの人に「先にいって」と言うことがあった。

そんな時、その人はいつも複雑な気を漂わせながらも先を進んでくれた。

でも、思い出した。

この人は今まで 私との重要な出来事の場面では・・・

いつも 自ら 先を行っていることに。

私にとってこの人が先を行くのはまれで、重要なケース。だからキーだとわかった。

・・・

「しんじ」は夢の中で私に必死に声がかかる。

元旦は「しんじ!しんじ!しんじ!・・・」とひっきりなしな掛け声で目が覚めたの。

がばっと起きて「えっと・・・私しんじという名前の人に心当たりないじょ・・・gawk

と思っていると、ちがう、人じゃない、というメッセージ。

「信じ」または「神示」、「神事」のよう。

はっきりはわからないが、とにかく信じるとか、日月神示を気にしろ、とかかなあ。

・・・

一応、ネットで「しんじ」で検索してみた。

最初にヒットしたのは「しんじ(宍道)湖」

最近また強く島根に呼ばれているのはわかっていたので納得。

(テレビはたまにしかつけないのにつけるたんび、必ず島根が出てくる)

どれにしても霊的なものを磨く私の2010年のキーとなりそう。

ps.

初夢、覚えていない人・・・(必ず見てるはず!)

もし見たかったのになあ、と思うなら あきらめないでください。

今夜からでも 眠りにつくときにこう祈ってください。

「初夢をもう一度見せてください」

きっと再現できるはず。

見れるまで何度も何度も いつでも 一年かかってもみることをおススメしますよ。

good

|

« 初夢 | トップページ | 四次元 »

」カテゴリの記事