« 2/22 何の日? | トップページ | 大丈夫!すべてうまくいっている »

もう一人の自分

「もう一人の自分」とは?

「もう一人の自分」と認められる人があなたにはいますか?

本日、バンクーバーオリンピック 女子フィギュアスケートのショートプログラムが放映されました。

あさってのフリー演技を残して、暫定1位が韓国のキム・ヨナ

2位が日本の浅田真央、3位がカナダのジョアニー・ロシェット。

キム・ヨナは浅田真央のことを「もう一人の自分」と言っているそうです。

・・・

ふたりは、同じ、1990年9月生まれで、わずか20日違いでこの世に生まれた。

隣国の韓国、日本でそれぞれ、フィギュアスケートに魅了され没頭する。

そして、お互い、今回のバンクーバーでオリンピック初出場、

首位争いをしている。

確かにふたりは背格好も似ていて、他の選手から突出して、うまい。

「もう一人」(双子)の自分と思ってしまうのも無理は無い。

しかし、私個人的な感想としては、そう思っているのはキム・ヨナだけだと思う。

・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・・・

そう、片思いなのです。

・・・

よく、私と彼は「ツインソウル」です、とか「ソウルメイト」だとか言うけれど、

時々、「それはちゃうな~sweat01」というのがある。

そう、思う気持ちもわかるんだけれど、

こればっかりは、「両方がそう認識」しているのが「基本」なのです。

どちらかが、早く気づく、というのはあります。

だけど、ヨナと真央の場合、もう10年以上もたっていて、

真央はそう思っていないと思うので、違います。

・・・

本日のショートプログラムの一部始終を見てそう思いました。

キム・ヨナは浅田真央を意識し、真央に勝つにはどうしたらいいかと、

真央中心に作り上げてきた。

一方、真央は誰も意識していない。誰に勝つとかではない。

常に自分のポリシー(あくまでトリプルアクセル)、理想を求めているだけ。

それが、本日のショートプログラムに現れていた。

滑り終わった後の顔、様子。

真央は素直に喜びを表した。ぴょンぴょン跳ねて、うんうん、とうなずいていた。

自分らしさを全うした表情だった。

ヨナは余裕の表情だった。恐れ入ったか、とでも言うように。

自分というより、よそ行きの顔に私は見えた。

・・・

自分らしさを全うするのと、

誰かに勝ちたい、という波動はまったく真逆の波動だからして。

この、ふたりの表情、様子を見比べて思ったのが、

ふたりは、目指すものが違う。

ゴールが違う。

でした。

「もう一人の自分」とは、そういう意味では当てはまるかも知れない。

「似て非なるもの」

もうひとつに道があったなら自分はこうだったろう、という道。

それが、韓国に生れ落ちた違いか、日本に生れ落ちた違いかはわからない。

陰と陽。光と影、黒と白、男と女・・・。

・・・

今回のふたりの演技を見て、

真央は陽で、光で白で男。

柑橘系のコロンでさわやかでキュートでフレッシュ。

ヨナは、陰で影、黒で女

妖艶でセクシー、女の武器を取り入れた、ムード、色気。

もう、こうなったら、審査員の好みなのかしら。

テイストの違う演技で結果は・・・。

僅差ならともかく、5点近くも差がつくのは納得しがたいよな~。dash

でも!

真央はフリーでトリプルアクセルを2回飛ぶそうなので逆転もありうる!

楽しみである。

(今の地球のアセンションの流れでは、女子特有の色気はNGす。

神様、世の目を覚ます結果を・・・。shine

ちなみに、今回、真央の決めた、「トリプルアクセル」は女子フィギュア史上、

初、です!

歴史史上、初の快挙ですよ?

この快挙、評価されないことには大いに疑問です!

フィギュア界にとってもこの進歩、発展はうれしいことのはず!

もろ手をあげて評価して、誰も文句言わないはずです?

しかも、ノーミスですよ?

たとえ、真央が暫定2位は認めても

でも、5点差はおかしいでしょう。

先の、男子フィギュアでも言えますが、

オリンピック競技である上、

大技は配点を高くするべきです!

観客はそれが楽しみなんです。

表現力も大切だけれど、フィギュアの醍醐味は技です。

今後、採点の配点基準が明確に、公正になることを望みます。

・・・

最後に・・・

ヨナが真央のこと、「もう一人の自分」というのなら、

それはきっと100歩譲って「ソウルメイト」でしょう。

ツインソウルなら、ゴールが一緒なので、

このふたりは違う。

真央とヨナは目指すゴールが全然違います。

あえて、ここで詳しく書きませんがね。

ソウルメイトはゴールは違うけれど、支えあったり、ライバル関係になりながら切磋琢磨する関係なので。

ふたりはソウルメイトではあると思います。

でも、ヨナの片思いで、真央はそう捕らえていないところが

相当ヨナ側の強引、執着、遠いメイトだと。

おせっかいですが、ヨナは、真央をいったん忘れて自分らしさを取り戻したほうが

魂的にも、宇宙にとってもいいかもしんない。(^-^;

真央はヨナをメンタルでは相当超えていますので。

(眼中に無いですよ。ヨナに限らず、だ~れも。そこが凄い!)

・・・

・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さておき、あさってのフリーではふたりとも、ノーミスでベストを尽くしてほしいです!

演技の順番がかわり、今度は、キム・ヨナが先ですね~。

・・・

しかし、今日もだったけど、金曜日も仕事に手が付けられないな。sweat02

coldsweats01

|

« 2/22 何の日? | トップページ | 大丈夫!すべてうまくいっている »

スピリチュアル」カテゴリの記事