« おとといの庭 | トップページ | しょうがないじゃん、好きになっちゃったんだから »

失くすことをおそれないで。2010年春分の日

R_2

灯し by akiko

昨夜は大荒れでした。

我が家の近くでも強風で、最大瞬間風速35m!

凄かった~。

で、昨夜、ずっとこの春分の日の記事をかいていたのだが・・・

うっかりミスで全部消えました。

・・・

happy02

コメントくださった方にお返事を書いても消えるし・・・

その他もろもろ、PCの不具合で 結果、なんにも私から発信していない状態。

なんか、どうしても記事を載せられないみたいなので・・・sweat01

ずっと、記事書いたりしていたのにな・・・上のキャンドル灯したもとで・・・。

あ、春分の日は本当はお線香なんだけど、私は今回はキャンドルで。

シャボンの香りキャンドルです。

手短にまとめます。(そういう奴に限って長い・・・(゚ー゚;)

本当は、国民の祝日の話から、メキシコのピラミッドの春分の日の話や

古代文明の話、日本って・・・って長文を書いていたのですが消えちゃったので(泣)。

ま~つまりきっと、神から「ボツ!」っていわれたってことだわ~

で~まあ、つまり、とにかく2010年の春分の日は強力です!(それじゃわかんね~(;;;´Д`)ゝ)

ま~本日だけは心穏やかにしていてください!

ま~つまり、思ったことがそっくりそのまま、スキャンのように叶います。

古代人は、

太陽と地球の位置関係で、種まきの時期(春分の日)、収穫の時期(秋分の日)の目安に

ピラミッドや鳥居などをつかっていました。

ま~つまりひっくり返すと、春分に種を蒔けば、必ず収穫がある、ということです。

ま~今日、どんな種を蒔くかはおのおの自由です。

ま~「だれそれ、こんちくしょう」と思うのも、

「だれそれ、愛している」と思うのも、今日だけは特別な意味を持ちます。

(本当はいつもそうなのですが、今日は特に。)

2012年のアセンション向けて、2010年は大変化の年です。

私はもう蒔きました。

思えば、今までの自分の種は、至極個人的で欲深いものだったです。

この数年で、それが急速にわかりました。

今回の種は実にシンプルです。

無理してそうしたのではないです。

今日のために考えたのではなく、普段から思っている種をそのまま植えました。

・・・

なにも特別なものではない。誰でもに当てはまる解りやすい種です。

それでいて、かなしい哉、とても手が届きそうも無いところにある。

そうかと思えば、実は最も近いところにある種。

この種が私のところに来てくれただけで感謝でしたが、

おそれおおくも、その種を蒔かせていただきました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

説明は大きく割愛しますが、sweat02

(ま~ま~うるさくてすみませんでした。)

とにかく「つまるところ」

今日を境に、世界が一変します!

すべてがいずれが「つまり」ます。

なぜなら、現世は「有限」だからです。

本来われわれの魂は「無限」の世界を故郷としていて、

今は「有限」の地球に修行?遊び?に来ているだけなので

あらゆる物事がいずれは「つまる」(行きどまる)のです。

自分しだいです。どんな変化かは。

その「つまり」の場所は・・・

・・・

「春分の日 2010年」「アセンション」「テオティワカン 春分の日」「ククルカン」「ジョナサンケイナー 春分の日」「レイライン」「ダイアモンド富士」「祝日法」などなど・・・

ネットサーフィンしてみてください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして最後に・・・。

失くすことをおそれないでください

何かを得るには何かを手放さなければいけないということではありません

何かを得るということは何かを手放すということだからです

魂の記憶が証明してくれるでしょう

何かひとつでも人より多く持っていることが幸せだったこの三次元に

さよならを言うときがきました

さよならをした、というべきですね。

実はもう今はあの世界は消滅しました

今も地位名誉お金ステイタスを感じるならば

それはもはや幻、余韻です

幻はもともと無いし、余韻はいずれ時間の問題で消えます

・・・

これからは何も持たないことが幸せだと知るでしょう

気づいた人からどんどん次元を上昇していきます

それに気づかず、今までどおりの心構えでいると

今、自分がどこにいるのかどんどんわからなくなります

目安は、自分の周りにいる人間を見ればわかりますが

そのような思考に入った時にはかなり出遅れているでしょう

一方、順調な人というのは、「あ、私(俺)大丈夫。」と静かに直感する人です。

特別、胸をはれることがなくても、周りがどうしようもなくても

自分の底辺から、源から こんこんと湧き出る泉のような

なにか別の力がどん、と背中を押してくれるような

そんな「大丈夫」を静かに感ずる人です

たとえば、まだほんの生まれたばかりの赤ん坊がそうです

明日から、そういう人が急激に増えるんでしょう!!!

confident

|

« おとといの庭 | トップページ | しょうがないじゃん、好きになっちゃったんだから »

スピリチュアル」カテゴリの記事