« ツインソウル~ニュートラル(中立) | トップページ | 手放してあるべきところに配列するとは? »

間に合え・・・。

良くいくブログの転載です。

http://plaza.rakuten.co.jp/ascensionreimei/

↓↓↓

新時代の文化
[ アセンション現段階 ] 

4月19日のテレビタックルを観た。



麻生太郎ちゃんが出演した。


胸元のブルーリボン(拉致被害者救済会のリボン)の気が、太郎ちゃんの全身を包んでいて、いつでも、日本と国民と世界全体を背負っている意識の、スケールの大きな人間の、光を放っていた。


その明るい清潔感のある光が、その場の他者と結界を作っていた。



やはり、華とエネルギーがある。

日本政界には、必要な人物だ。






テロ朝・テレビは、既に終わっている。

縮んだオーラの女性司会者を見たら、なおさら判然とした。



ビート・たけしは別にしても、番組自体と、コメンテーター達の、煩雑で、意地悪な雰囲気が、もう受け付けられなかった。

1980年代~1990年代には通用した、タレント性かもしれないが、21世紀には、淘汰されるでしょう。

新時代の人々が好まない世界に成ってしまっているから。













新時代=シリウス文明とは、叡智の文明である。


そこに生きる人々は、現在よりも、お兄さん、お姉さんの意識で、成熟した世界を創造して行く。






太郎ちゃんの会話の中で、小泉進ちゃん、石川遼君の話が出たが、

若い世代、これから生まれる世代は、高齢化した人類を、少人数で背負って行く運命なので、

早くに、30代~40代以上の意識に成長しなければ、

一人の若者が、100人ぐらいの高齢者達を支える力とは成れないので、

自然、遊ぶ暇なく、急ピッチで、人間力のある大人へと成長するように意図されている。






故に、

そういった意味においても、我々大人達は、

早熟で、心技体バランスの取れた若い世代を育成しやすい、聡明な社会を創造することが期待されている。









(新しい文化の特徴)



1 社会貢献が仕事

2 静か、穏やか

3 自分が体験し、科学する。例)山を歩き、地質や生物を調べる。


4 発明工夫

5 老若男女問わず、学生、研究者的雰囲気

6 シンプル&ハイテク&リラックス

7 生まれた時から、何でも楽々出来る子が増えて来るので、展開のスピードが速くなる。


8 社会全体が、数学、宇宙、科学を楽しむ、理系的ムードになって来る。


9 社交は、実際に会って、会話を楽しむ。


10 インターネット、携帯、テレパシー他超能力が情報ツールなので、文字情報、ネットラジオ、映像はショートフィルムが好まれる。

そうなると、情報スピード&頭脳の回転が、益々加速し、

テレビタックルのような、無駄なおしゃべり、意地悪なコメント、カバーガールのような存在、長過ぎる視聴時間、CM等は、新時代では利用価値無しとなる。






故に、


政府が推進している、地デジや新型テレビ等は、20世紀的思考だ!

新時代は、テレビは必要なく、ひとり一台パソコンで、学ぶ、全国民、全人類が、永遠の学生、研究者の時代だ!


そして、それは、地球維持に実際に役立つ学びである。





そうなると、


社会の全てが教育の機会となる。

私が提唱した、社会全体で子供を育てるとは、民主党的、単に、高校無償化や子供手当のような、お金を出すと言うことではなく、日常の暮らしの全てが、優れた人間教育の場と化すことである。



これまでのような、受験の為の、勉強ではなく、

日本全体、地球全体を背負って行ける人間教育世界創造である。



故に、

これまでのような、自己顕示欲、ムダ、愚、金メッキ、騒々しい文化は、終了である。






**




飛行機事故や飛行機の飛ばないケースが増えて来ました。

以前から申し上げているように、代替エネルギーの空飛ぶ車みたいなのが、開発されない限り、飛行機は、飛ばなくなります。



神々が、どこの国も、自国再建に尽力するように、誘導している為です。



故に、

道州制で、カジノとか、大阪特区で、海外旅行者を何万人も誘導とかは、無理だと思います。




日本の観光産業は、海外から客を呼ぶではなく、

まず、日本国民が、日本国内を、江戸時代の東海道五十三次の旅のように、自由自在に楽しめるような政治経済システムを整えることです。






2010年4月20日 4時10分31秒

・・・・
転載終わり。
今の総理と明らかにオーラの違う前総理。
今の若者がなぜしっかりしているかの意味。
さすが・・・。lovely
日本人で、幸せになりたい人なら、誰だって、日本人を守ってくれる人に国を任せたいよね。
もう、気づきましょう。
今の0~19歳までのお子たちは、地球を救うためだけに生まれてきている。
「人の役にたつ」ことが最大の喜び。
えらそうに上から目線の親たちへ。
あなたより、お子の方が数百万倍も愛にあふれています。
あなたたちの迷走に、お子たちはあきれています。
もう、気づきましょう。
さてこれからNHKドラマ、「八日目の蝉」を見ます。

|

« ツインソウル~ニュートラル(中立) | トップページ | 手放してあるべきところに配列するとは? »

」カテゴリの記事