« 満月 | トップページ | 今日の庭 »

連載・ソウル(魂)、旅する・7~あれから~

魂は幾度も転生してきた・・・。

そして、21世紀、転生の最終章がいよいよ始まった。

アセンションまでの魂の旅の様子を、感じたままに連載します。

PS.何の計画性も無いのでどうなるかわかりません

遠い昔を思い出した。

私はまだ2歳だった。

母は高度の病気で入院していて

父と姉と3人で暮らしていた。

ある日、私はリビングのじゅうたんにある物体を見つけた。

茶色くて丸いその物体を手でつまみあげ、何か確認するために

まず匂いをかごうと思って顔に近づけた瞬間、

二つの声が聞こえた。

「汚い、だめ」父の声だった。

そして重なるように姉の声・・・

「大事だよ。」

・・・

ある物体とは、10円玉だった。

姉は続けた。

「大事。お金は大事だよ。ありがとう」

そう言った。

その顔は微笑みで優しかった。

一方父の顔は不安そうな顔だったので

私は本能で姉に従った。

10円玉を大事そうに姉に手渡したことをずっと忘れない・・・。

・・・。

あれから

姉は家を出て行き、母は退院し、父はこの世から逝った。

でも、今ならわかるんだ。

あのときの父の思いを。

2歳だった私にとっての10円玉は

きっと雑菌を心配したに違いない。

10円玉を顔に近づけたわが子を見て

なめるんじゃないか、食べちゃうんじゃないか、

親として、心配で

とっさに、

「汚い、だめ」と言ったのではないか。

一方、姉はこの不況のなか、お金は必要、10円たりとも邪険にしてはならないという観点で

「大事」

とっさにそう口走ったのだろう。

・・・

今ならわかる。

お金は、汚くて、大事。

大事で汚い・・・。

のでしょう。

・・・

あの日、私は姉の微笑みに従ったがゆえ、

あの日の父の私を思う親心が身にしみる。

・・・。

ありがとう。

今ならわかるから・・・。

だから、話し合う場をください。

そう毎日願うことで、

私は父に夢で会い続けたんだ。

|

« 満月 | トップページ | 今日の庭 »

ストーリー」カテゴリの記事