« ほくろ | トップページ | 闇に光を~二番じゃだめなんです~ »

闇に光を~隠れみの~

現政権は左よりで、大臣達のほとんどが売国奴だということは

もうすでに多くの人が気づきはじめている。

政権が交代し、目を覆うような売国法案のオンパレードに

あきれ返ってしまう毎日に、

それでも 今 日本がどれほど危険な状態なのかマスコミはほとんど報道しないから

こうやってどこぞの回しものでもない私のような一国民がこうやって発信している。

すごく多いですよ、いや、倍増しています。

うちの母は言います。「だって、ほかの国みたいに日本はクーデターとか

デモ行進とかあんまりしてないから(そこそこ不満がないのでは?)」

いやいや・・・

ネット上では凄いです。

そう教えてあげました。

(*本当にネット難民は困ったものです)

さて、早速早朝から凄いニュースが。

「高校無償化」関連です。

そもそも、高校無償化にして、日本人はどんなメリットが?

ひとことで述べよと言われたら・・・

「日本人にメリットは何もない」です。

・・・・

・・・

民主党政権の言い分としては、どんな家庭の子でも学費の心配をしないで教育を受けられる、

ですね。

しかし、それを鵜呑みに喜んでいる人はもう少しお勉強しましょう。

どういうことかというと、

「本当に支援が必要な家庭には意味がない」ということです。

低所得世帯などは、現在でも高校授業料の減免措置を受けているからです。

今までで十分、子供らは平等に高校に通えてるんですよ。

逆に経済的に余裕のある世帯が無償化で余ったお金を塾などに回すことで、

かえって子ども間の教育格差が広がる、という意見がある。

そ・れ・に・・・

在日朝鮮学校の学費は、そもそも北朝鮮の支援金でまかなっているから、

朝鮮学校の生徒達はもともと無償なのです!。

もともと無償のところにお金を配るって・・・thunder

イコール朝鮮国にあげるってことなんですよ~。

いいですか~

私達の血税ですよ。

いやだ~!!!pout

こーんな国が他にありますか???

日本はもうかつてのヒットラー政権なのか?

子供手当てといい、高校無償化といい、そもそもの法律のまんまで

なんら不自由はないのです。

子供手当ては児童手当や配偶者控除などで十分。

民主党の数々の法案を、「売国的」だと言えるのは

一目瞭然なのですよ・・・。

子供手当てや高校無償化などで潤うのは誰?!

ごく一部の日本人富裕層と在日外国人だけです。

国民のほとんどを占める「庶民」じゃない。

つけは、未来の子供達の借金。

自分さえ良ければ~、今が良ければ~の

在日外国人のために

日本国籍の子供達が将来借金地獄。

もう私ら一般庶民は死ねって?

お願いいたします!!!

もう馬鹿みたいにボサーとしているのはやめてください。

↓↓↓ある意見の転載

本件は日本の公立高校が対象であり、他国が経営している学校で独自の教育ガイドラインに沿って授業を行っている学校はそもそも適用外でしょう。
よって、議論の対象にもならないのです。
無償の学校に通いたいのであれば日本の公立高校に転入すればよいのです。
自分の姿勢・環境は一切変えず、他人を変えようとするがために相手の批判を繰り返すのは、人としてあまりに傲慢です。
他人に協力を請うならば、先ずは自分が一番に努力しなければならないのは世の常です。

今の日本の若者は幼い頃から不景気で、就職先を探すのもとても大変ですし、昔と違って低賃金ですので働いても働いてもお金がたまりません。
私たちだってすごく苦しいのです。
理不尽なことにも我慢して、全てを投げ出したくなる毎日を、歯を食いしばって何年も生き続けているのです。
その僅かな給与から、少しでも日本のみんなが幸せに暮らせるようにと、この国が良くなるようにと願って税金を収めています。

そして、日本はある一定以上の所得者は収入の40%を税金として収めるよう課しています。
そしてその一定の基準は決して高いものではありません。
こんなに税金を収めさせる国は世界中を見ても日本しかありません。

実に働き甲斐のない国です。
そこから収めるお金が、本件のような事柄に使われる。。。
これが続けば、そのうち誰も働かなくなってしまうのではないかと思います。

どうかよく考えて大切に使っていただきたいのです。
税金を使うのを反対しているのではありません。
長い目で見て、本当に日本国民のためになることを真剣に検討してほしいのです。

今回の件、本当の意味で私たちみんなのためになると思いますか?

by 若者の声 女/20代/関東

真実を知ってください。

民主党 売国奴 売国法案 在日 帰化 済州島 拉致問題 自虐史 南京

従軍慰安婦問題 徴用 靖国 在日特権 ウトロ 夫婦別姓 国籍法 放送

これらで検索してみてください。

もう取り返しがつかないところまできてしまいました。

気づいてください。

・・・

そもそもこうなったのは、日本の実権を握っているのが日本人じゃないからですよ。

マスコミは言わない、報道しない。

前回の記事で、DNAの話をしましたが、

政権交代して、この「日本」という、

我が父、我が母が日に日に・・・

傷つけられていく毎日が耐えられません。

外国のDNAを持つ大臣達に!

何が一番つらいかって、

そのことに気づかない兄弟達が余りに多いということ!!!

兄弟という同胞、日本人がボサーとしているから!

日本人は温和で争いを好まない。

それとこれとはぜんぜん違う!

言うときは言わないと!

今の日本の借金知っていますか?

専門家から言わせれば「天文学」的金額だそうですよ。

もう明日、日本が終わってもおかしくない。

知っていますか?

(民主党は自民党が作った借金の尻拭い云々と言いますが

これ、マジックですからね。

民主党の幹部のほとんどが元自民党ですから。

日本国の借金はみんなでつくったんですよsweat02

今自民党をはじめとする真性保守派がものすごいパワーで動いています。

マスコミは取り上げません。

テレビで報道されることがすべてだなんてまさか思ってないでしょう?

私は今まで生きてきて多くの身近の友人が自殺、事件、殺人にあいました。

でもそれらのどれがテレビで報道されたか?

ひとつもないですよ。

世の中では日々無数の出来事が起こっているのですよ。

全てを把握するのは誰も不可能なことくらいわかるでしょう。

拉致の実行犯人の釈放署名に署名した人物が日本の今の総理ですよ。

世界の諸外国が「日本はアホか」と言っているんですよ。

今、元総理の麻生太郎さんは拉致問題に精力的に動かれています。

知らないでしょう?

総理に就任してから、胸にはいつもブルーリボンのバッジがあります。

拉致問題が解決していないのに、北朝鮮にお金を流すなんてどうかしている。

しかも高校無償化なんて隠れみの使って!ずるい。

日本人の税金は日本人のために使ってください!

・・・

夏の参院選は絶対に民主党には投票してはいけません。

まずはこの選挙で民意を示すこと!

このまま、日本は特定アジア諸国の植民地になってもいいと思う人は

どうぞ、民主党に投票してください。

そして・・・

なんだかんだ私は言いますが、すべては在るべき場所に収まるので。

私は根本的には心配していません。

大丈夫。

(いわゆる)神は絶対失敗しません。

いつもパーフェクトなのです。

・・・

・・・

闇に光がどんどんさしています。

以下、ニュースの転載。

↓↓↓

総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも (1/2ページ)

2010.6.13 01:17

このニュースのトピックス:学校教育・学力問題

 朝鮮学校への高校授業料無償化適用をめぐり、在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)が生徒の父母らに文部科学省に適用を要請する電話攻勢をかけるようノルマを課していたことが12日、内部文書から分かった。同時に、複数の日本人になりすまして電話回数を稼ぐよう指示。総連の無償化運動がモラルを著しく逸脱し、北朝鮮同様に統制された組織動員のもとで展開していた実態が明らかになった。

 朝鮮総連関係者から入手した内部文書によると、指示は朝鮮学校への無償化適用が先送りされた後の5月7日に朝鮮学校生徒の母親らが所属する総連傘下の女性団体などに出された。

 文書では「『高校無償化』がわれわれの学校に適用されるまで全組織、全同胞を立ち上がらせ闘争し続ける」とげきを飛ばし、無償化適用を求める署名を「1人当たり100人」集めるよう指示。文科省が開設した無償化の相談窓口「高校就学支援ホットライン」を通じて無償化即時実施を求める要請活動を展開するようにも命じた。

 文書にはホットラインの電話番号が目立つように書き込まれているが、関係者によると、この文書が出された際、総連幹部は「在日としてだけでなく、一般の日本人になりすまして複数回電話するように」命じたという。関係者は「日本人も適用に賛成していると見せた方が効果がある」と、意図を説明する。

 文書では「高校無償化闘争」についてのDVDなどを積極活用して民主党の地方組織や地方議会へも強く働きかけるよう求めている。さらに、活動結果について「5月29日」「6月26日」「7月10日」「7月31日」と期限を指定して報告ノルマを課し、集めた署名数のほかホットラインへの電話回数も報告を指示している。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100613/kor1006130120000-n1.htm

|

« ほくろ | トップページ | 闇に光を~二番じゃだめなんです~ »

」カテゴリの記事