« 今週の庭 | トップページ | ニュートラルに戻ろう »

今夜、サッカーW杯日本VSパラグアイ見ます!

私はここのところ、「闇に光を~」を題名に何回か書いたけど、

今回のW杯はそのものが光ですね。

すべての国の選手達が、それぞれのわが国の代表で

わが国に感動や勇気、夢、希望を与える。

・・・

好きなことをひたすらにがむしゃらにやってきたけれど

気づいたらここまで来ていて

それは使命だったのだ、と気づく。

そして、ここで私にこうメッセージが降りてきた。

約束は守るためにあるものなのか それとも

約束は破るためにあるのか・・・。

いわゆる約束とは、規則、ルールである。

もし、一方が、一方的に決めたものならば

もう片方にとっては拘束、束縛・・・憎悪になるかもしれない。

守られればそれは信頼にもなり、憎悪にもなる。

では、なぜ、「約束」というものが必要なのか。

発想を転換させる。

さて、太陽は毎日昇っては暮れる。

太陽に「明日も昇ってね」と約束しなくても。

太陽が毎日昇ってくることが当たり前だから。

当たり前とは、ゆるぎない信頼。

信頼が強ければ強いほど、「約束」は要らないよね・・・。

今夜の私に降りるメッセージは

「約束は破るためにある」です。

「約束を破る」とは、その文言そのものではなく。

「約束」とは、「既成概念」(今までの思い込み)が基盤で作られます。

このアセンションの時代、今までの思い込みはほとんど捨てたほうがいい。

これからの世は、今までの思い込みがどんどん崩されるのです。

約束は破られるものだということです。

太陽が毎日昇るのを決してやめないのは

太陽の「使命」だからです。

私達と約束したからじゃない・・・。

・・・

先ほど、日本選手に「2010W杯とは?」との質問をしている番組がありました。

その中で、岡崎選手のアンサーが印象的でした。

こうでした。

「8年に一度くらい」

・・・

ん~ナイスセンス!

本来、W杯は4年に一度ですが、その倍くらいの

8年に一度くらいの重さだ、ということだそうですが、

まさにそうなのです!

この時期、しかも2010年の6月

ものすごい意味があって

今までのサッカーではありませんし、日本ではないのです。

しかも、日本は世界の雛形だから・・・

これはまさに使命中の使命を背負った集団です。

岡崎選手はナイスセンスで「8年に一度くらい」と表現しましたが

実際は「唯一無二くらい」だと思う。

証拠に、実際、日本至上、日本サッカーは今、もっとも強い。

・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今、思いが叶いやすくなっていることは知っているでしょう。

日本がどんな結果になるか、それは自分が望んだ結果です。

事実、日本が勝ち進むことで

日本だけでなく、どれだけのバイブレーションが

世界にとどろくのか想像すると鳥肌が立ちます。

そして・・・

もしも自分が望んだ結果じゃなかったよ!という人へ。

潜在意識ではあなたはこういう結果を望んだのだ、ということを

しっかり目をそらさないで感じてください。

前からたびたび書いていますが、

あなたの恋愛も、仕事も、夢も、サッカーW杯も、景気も政治も

選挙も同じです。

このアセンションのとき、

すべての出来事からメッセージが洪水のようにあふれています。

しかし、南アフリカか~。

余談だけど、南アフリカも良い波立つんだよな~(サーフィン)

行ってみたい。

lovely

|

« 今週の庭 | トップページ | ニュートラルに戻ろう »

ひとりごと」カテゴリの記事