« 今週の庭とアロエ | トップページ | 日本が世界の雛型なわけ~COOL JAPAN編2~ »

日本が世界の雛型なわけ~COOL JAPAN編1~

私も日本のアニメ(デジタルコンテンツ)は世界を救うと本気で思っている。

コンテンツだけではない、日本の食文化、伝統、根っこである意識すべてが。

(*しかし、念のためだが、私は所謂(いわゆる)、「おたく系」ではない。)

まずはある本を紹介。

パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学

パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学

著者:デヴィッド・R. ホーキンズ

パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学

モノの時代から、ココロの時代へ。

経済力から人間力へ。

時代に合わせて、人間の行動の基本となる機軸が変わっていきます。

これまでの時代は、年収や学歴、職業など、経済力に関する項目が機軸となっていました・・・。



時代に合わせて、新たな概念が生まれてきます。

例えば、「意識レベル」

0~1000で測定される。

科学的に人間力を測定する方法の一つです。

生まれた時は誰もが200以上だそう。

そしてどんどん下がっていく・・・。

200未満のレベルはエゴであり怖れ。
200以上のレベルは愛に相当する。

200未満の意識で生きる時、

人は、この世から何かを奪って生きることになります。 (フォース)

200以上の意識で生きる時、

人は、この世に何かを与えることができます。 (パワー)




今、全世界平均の意識レベルは、206だといわれています。

この10年で、109から206へ上昇しました。

一方で、日本人の平均値は、620だそうです。

500以上なのは世界全体人口のわずか4%のなか・・・、

このスバ抜けた値・・・日本が世界の雛型である証明といえる。

・・・

以下、よく行くブログの転載を抜粋して紹介します。

↓↓↓

世界中で大人気のアニメ&マンガにNARUTOがあります。

今のマンガ業界ではストーリまで構想できる漫画家は少ないといいますが、

その数少ない漫画家が岸本斉史先生です。

で、このナルトというネーミング、、、、、実は、日月神示の「富士鳴門の仕組」の「鳴門」から来ているじゃないかと密かに睨んでいるのです(笑)。



一般的な「富士鳴門の仕組」の「鳴門」の解釈は、人類が成り成りて「10」(完成形)になるのが「成十」(なると)であり、

これは人類が意識進化を遂げて「別のもの」になることを指しているのだと言われています。

しかし、もっと具体的に言えば、これは「他者=自己」「外界=内面」と気付き、今までの認識を変える「変換人型ゲシュタルト」への覚醒のことを指しているのかもしれませんね。

今現在、こうしてナルトが世界配信され非常に人気化しているのも、

今後起きるといわれる「三千世界の大峠」から「ミロクの世」に到る際に発動するという「富士鳴門の仕組」の布石に違いないと睨んでいます(爆)。

岸本先生にこのテーマを選ばせ、このネーミングを使わせたのも「天の計画」なのかもしれない。逆にNARUTOを解析すれば、近未来が見えてくるのかもしれません。
※註 NARUTOは単なるシンクロ以上のものを感じます。しかも、渦巻きを示す「ナルト」という言葉を世界語にしたことだけは確かなことです。




さてさて、そんな「富士鳴門の仕組」ですが、

人類文明終焉を謳った1999年のノストラダマスは大きく外れましたが、

同じように2012年も「きっとハズレるさw」と横柄に考える人は意外と多いですね。

しかし、今回ばかりはチト違うような気がします。

国家破産多発でお金の仕組みが根本から変わりかねない世界金融危機、、、、

ケムトレイルでシェードされて太陽光が弱められているにも関わらず「熱中症」多発を引き起こしている太陽系温暖化、、、、

イタリアの面積以上に原油流出させた海洋汚染及びメタンハイドレート溶融から米国艦隊がコスタリカに全艦避難する程の高濃度のメタンガスを撒き散らしたBPのメキシコ湾事故、、、、

これらを見てもその兆しは充分です。

あと残る兆しは、国際宇宙ステーションの落下だけだな、、、
※註 ホピ預言には「青い星」が現れる終末の時には「天の住居」が落ちてくるという内容があります。

国際宇宙ステーションは2016年には落下破壊させることが既に決まっていますが、

これ以前に太陽活動や地球の活発化によって、何らかの軌道停止条件が変わり、軌道を外れて地球に落ちてくるのではないかと睨んでいます。

しかし、そんな2012年に向けての状況をもっと加速させ、

否が応でも誰でもが気付くようなエネルギー的な動きが、今後、ここ日本で起きてくるのだといいます。

***************************************************************
今、日本神界はエネルギー全開である。
2011年末までに 次々に神々のエネルギーが全開で発動することになる。

***************************************************************
八大龍王様が実際にいらっしゃる地というのは基本的に日本列島には6ヶ所のようです。
鹿島灘  東京湾  相模湾  駿河湾  三河湾  伊予灘 の6ヶ所。
これって 全て中央構造線沿いですよね(・。・)
それぞれの地に神の扉があり、今現在 全てその扉は閉じられているようです。
2010年の秋から2011年の秋にかけて全ての扉は開かれ(人間と神が一体となり開きます)神のエネルギー全開で発動します。

(東三河高天原)

***************************************************************



ここでいう「日本の神々のエネルギー」とは、

現実には日本国土を形成してきた「自然界のエネルギー」を指しているだろうと考えています。

国立常尊(艮の金神)などは正にこの国土形成した神ですからね。

自然エネルギーがフルスロットル状態になるとどうなるでしょうか? 

現在の日本国土はすっかりコンクリートで固められ、一見、完璧な治水体制が構築されているように見えますが、それは今までの過去数値に基づいた設計強度や排出量にしか過ぎません。

しかし、自然エネルギーの増大化はこういったもの全てがオモチャにみえる程に、

自然界の猛威が襲ってくるのではないかと睨んでいます。

先日も岐阜県八百津町で集中豪雨による地崩れで行方不明者が出ましたが、

この地は「日本のシンドラー」こと杉原千畝の出身地でもあります。

八百津町の地名は古くからのもので、木曽川に流した材木の貯木場の湊(船着場=津)がこの地に幾多(八百)もあったことから来ているといいますが、

こういった今まで自然の恵みの豊かな地域が、今度は逆にエネルギー過多となり、一転して危険な地域となるのかもしれない。

可児川の50年に一度の氾濫を想定した河川改修してすら、このような惨状なのですから、、、、、

今後、自然エネルギーの増大化により、こういった形で計算値を超える事態の災害が頻繁に起きると予想されます。

で、この惨事が象徴することは、有り体に言えば、日本の「八百万の神の出動」を意味しているのかもしれません。

現在、ただでさえ集中豪雨や熱暑で大変なのに、これ以上、自然エネルギーが増加するというのは想像するだに恐ろしいことです。

しかし、これが「日本の神々の復権」に象徴される日本の自然エネルギーの増大化現象であり、ニビル来訪により地球のマグマ活動が活発化し、地球の自然エネルギーが今まで以上に活発な様相を呈するようになったというのがその理由でしょうか。

このような自然エネルギーの増大化に対処して生きていく為には、

今後の日本では自然の力を押さえつけるような西洋文明型の国土開発は危険になるかもしれませんね。

ダムなどはその最たるものでしょうか。

今後は縄文人のようにもっと自然に対して畏怖しながら、

その為せる力に決して逆らわずに共生利用していくような方向性を持つ文明になっていくだろうと考えています。

2010年秋から始まる日本の自然エネルギーの増大化によって、
自然征服型の西洋文明志向だった日本も行き詰まる。。。。
そして、地球文明終焉の危機

これが2010年末のヤマト復活&発進へと繋がるかぁ!!!



明治以来の欧米列強の介入、第二次世界大戦後の米国の完全属国化で戦艦大和のように完全に朽ち果ててしまった「大和魂」、、、、

今までは二次元化された世界の話であったのが今回初めて「実写版」となることは、

この時期、いよいよ「大和魂」復活が現実化の段階であるという暗喩になっているのかもしれません(爆)。

大和魂を取り戻した日本人、

その後、縄文日本文明という戦略的低エネルギー社会を実現する文明へ大きく舵取り変更へと繋がっていくのだろうか? 

それには何らかの大きな社会的外圧が必要でしょう。

経済変動(8月後半) → 神界エネルギー全開(秋) → ヤマト発進(12月初日)

この一連の動きは、やはり「天のシナリオ」なのか?(汗)

ヤマトとはヘブライ語で「ヤ・ウマト」、つまり「ヤハウェの民」を意味していますが、古代日本には、エブス人(縄文人)、弥生人(倭人=長江河畔の中国人)、騎馬民族化したイスラエル人(カド族・エフライム族)、その他にも南方系からも多くの民族が渡来してきています。

実は古代日本は「民族の坩堝(るつぼ)」だったのです。新たに渡来してきた人にはユダヤ教起源の古神道(御獄)を奉じることで日本国土に住まうことが許され、

「和を持って尊しと為す」「万世一系の思想」の元に混血同族化して「大和」並びに現日本人を形成してきたわけです。

ですから、日本で生み出され庶民に愛されたものは、さまざまな人種の嗜好を兼ね備え昇華されたものであるが故に世界中に受け入れられる「汎世界的なもの」となるのです。

日本が「世界の雛形」と言われるのは、地形もさることながら、こういった要素もあるからでしょう。

では、大和魂とは一体何なのか?

まぁ、言い換えれば、ヤハウェの民の魂なのですが、、、、(笑)

それは、明治以降のナショナリズムや民族主義、また第二次世界大戦時の軍国主義、

ましてや特攻隊のような突撃精神などでは決してありません。

このような「勇ましい」意味合いとして安直に引用される場合が多いので誤解されています。

「大和魂」とは古くは平安時代に「漢心(からごころ)」に対立して使われた概念であり、

日本人が好み育んできた知恵・情緒・品性・精神、思想全般を指す言葉です。この大和魂(和心)があったからこそ、古代日本に纏足(てんそく)や宦官、食人という残忍な中国の社会システムが導入されなかったのです。


痒いところに手が届く、そんな産物が日本製品の特色なのですが、

この「痒いところに手が届く」という非常に細やかで繊細な感覚、

例えるならば、「頬を掠める心地よい風のようなもの」、、、、

エゴイズムを感じさせず、

逆に非常に繊細で細やかな「利他」的な心を感じさせる、、、、、

こういうのが大和魂の本髄なのです。

それは精妙な波動を感じることが出来る精神性の高さ故でしょうか(笑)。

「和心」「和才」と言い換えた方がしっくりきます。

ですから、「フルオート便座」(リラックス音楽+ほのかライト)や音消し装置「音姫」や

「萌え絵」やカワイイイお弁当、、、、

こういった微細な感覚、つまり高次元の波動を持つものが「大和魂」の産物なのです(笑)。


(みやま零先生の「萌え絵」、、、、服のシワ、髪、1つ1つに大和魂を感じる)


(今、NYやフランスで大人気のBENTO、これも大和魂の産物)

■アメリカで人気 日本のお弁当
http://www.youtube.com/watch?v=kWyOInzopQU&feature=related
(このブーム、元々はアニメやマンガで主人公が食する不思議な食べ物が関心の的であったところから来ている。)

そういえば、最近、世界中の街角でセーラー服姿の女性を目にすることが多くなってきています。

しかも、カワイイお弁当持ってセーラー服を着てアニメで覚えた日本語をしゃべっている(汗)。

あぁ~、世界中が段々と日本化していく~っ

フォースでNWOを推進するイルミナティもビックリの展開です。
っていうか、その黒幕の「うちはマダラ」のような霊的存在は、この近未来の展開を知っていたかもしれない。

この「世界の日本化」ともいえる、この「八紘一宇」現象

実は「真のNWO」であり、近い将来、世界中の人たちが大和魂を持つ日も近いのかもしれません(爆)。
※註 八紘一宇…天下をひとつの家のようにすること。日本書紀の言葉から作られた。

日月神示でもこう言っています。

富士と鳴門の仕組わかりかけたら
いかな外国人でも改心するぞ

(日月の巻 第09帖)


大和魂に目覚め改心した外国人がコスプレするんです(爆)。


(大和魂の体現者)

デヴィッド・R. ホーキンズの『フォースか、パワーか』の分類に従えば、

日本の力の源泉はフォースではなく、

精神性の高さ(=上層世界からくる微細な波動を感知できる能力)からくるパワーです。

これはかつての縄文人がそうであったように、

人だけでなく自然エネルギーさえも「和を持って尊しと為す」とする

精神性の高さを潜在的に持っているからでしょう。

これが大和魂の本分なのです。

人だけでなく、自然エネルギーも和していく大和魂を持つ日本人、、、、

そう、これは正にNARUTOでいう自然エネルギーを取込む仙人モードですね(笑)。



これはどういうことかと言うと、

自然エネルギーを有効活用した持続可能なスローな文明の到来を暗喩しているのではないでしょうか。

今までの石油や原子力のような「火」の爆発・燃焼エネルギーではなく、

太陽や生物の持つ特性を利用し、更に宇宙に充満するフリーエネルギーを使った文明社会です。

アニメの方も自然エネルギーを味方に付けたナルト(仙人モ-ド)には、

霊的存在の「うちはマダラ」ですら負けるという最終的な展開になるでしょうね。
※註 ナルトが主人公ですから当然ですw

イルミナティと縄文日本文明の最終決着を予感させますw

ただこの理想的な世界に到るには人類から憎しみやエゴが無くならないとなりません。

そうならないと、膨大で無限なエネルギーがコントロール下に置かれていない為に、

結局エゴの為に使われてしまい、今よりもっと殺伐となった世界になってしまいます。

ですから、世界人類が大和魂を持つことが実はキーなのです。

つまり「富士鳴門の仕組」の鳴門(ナルト)とは、

一般には「10(=人間の完成形)」に成ることだと解釈されていますが、

これはもっと深い解釈をすると「人類が大和魂を持った者になる(成るヤマト)」のことであり、

それは即ち世界中の人たちが「ヤハウェの民」になることなのだと睨んでいます。

これが「成るヤマト」(なると)の仕組ですw

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

転載終わり。

日本が世界の雛型なわけ~COOL JAPAN編2~へ続く。

|

« 今週の庭とアロエ | トップページ | 日本が世界の雛型なわけ~COOL JAPAN編2~ »

スピリチュアル」カテゴリの記事