« すべてうまくいっている! | トップページ | 日本が世界の雛型なわけ~COOL JAPAN編1~ »

今週の庭とアロエ

Img_0028

7/28。

毎日この程度収穫して朝ごはんに使う。happy01

ヨーグルトのトッピングにもいいです。

ヨーグルトは植物由来(豆乳ヨーグルト)がお勧め。

あ、トマトってヨーグルトに意外と合うよ。

Img_0029

ところでさ、この日は風、雨が凄かったけど

そうなると、野菜たちは強風にさらされて倒れたり、折れたりしちゃう。

そこで雨の中、ミニトマトを良く見ると・・・(わかるかな?)

枝と枝が結束固めあっているの。

お互いの枝に絡み合って、支えあって助け合っている。

支柱を立てて、私なりに麻縄で結んで助けているつもりだったけど

いやあ、自然のちからはやっぱすごいです。

clover

Img_0032

7/31収穫。

あ、ブルーベリーだけど、ブルーベリーは1品種では実らないので

必ず2品種一緒に植えます。

赤っぽい実のと、ムラサキのん。

今日はなすのしょうが醤油と冷奴には大葉の千切りを盛ろう。

ミョウガが早く育つといいなあ。

ところで、熱中症対策していますか?

私は、夏になると酸っぱいものを自然と欲します。

特にクエン酸を多く含むものがよく、ペットボトルなども売られているけれど、

手作りできるのでおススメです。

分量はお好み。目安は水500mlに対し、お塩一つまみ、お酢、はちみつ、レモン汁を

それぞれ大さじ1。

以上~。bar(*一歳以下のお子様にははちみつなしで。)

クエン酸は、疲労物質である乳酸を燃焼して、体にたまるのを防いでくれる。

そして炭水化物や脂肪などを効率よくエネルギーに変えてくれます。梅干もいいよね。

食欲がおちたらスイカ。体にこもった熱を発散してくれる。

スイカが多く含む、果糖は吸収が良く、疲れを癒すのに即効性がある。

その他、意外に栄養素豊富。利尿作用もあり、デトックス~。

夏の本当に短いあいだの旬な果物なわけだね。delicious

ちなみに果肉と外皮の緑色の間の白い部分、捨ててない?

捨てないでね!浅漬け、ぬか漬け、お味噌汁の具などに使って。

そして、今私がはまっているのが、アロエです。

数年前に鉢植えでいただいたアロエがまったく手入れをしていなかったので株わけすることに。

Img_0015

今までは果肉を美容液代わりに使ったりしていたけど

今回ははちみつ漬けにしてみました。

Img_0195

上部のはししとう。

Img_0197

左右のとげとげは包丁で切り落とす。

Img_0198

盛り上がった方(表)の皮を手でゆっくりむく。

Img_0199

下のほうはかまぼこみたいに包丁で皮からはずす。

Img_0203_2

むいた皮はアロエ風呂にする。(保存するなら干す)

Img_0204

Img_0206

約1ヶ月干したアロエの皮。これは干しすぎ。bleah

Img_0202

はちみつに皮付き、皮なしのアロエを漬ける。

2~3日で、皮なしはそのまま食べる。(うまい!)up

皮付きはそのまま漬けておくと、成分がはちみつにしみこんでいく。

大さじ一のはちみつを水や炭酸水で割って

グラスいっぱいに氷をいれて飲む。

または、さっきの熱中症対策のドリンクに使う。

いいよ~。

good

アロエは昔から「医者要らず」として、大昔から伝えられてきた。

ざっとあげると、切り傷、やけど、湿疹、熱さまし、美容には塗る。

胃の不調、便秘、頭痛、肝臓、ダイエットには摂取。

基本的に生が一番。アロエは切りたての

あのぬるぬるねばねばなので!

ぜひ一家に一株。

|

« すべてうまくいっている! | トップページ | 日本が世界の雛型なわけ~COOL JAPAN編1~ »

」カテゴリの記事