« サッカーWカップ | トップページ | 闇に光を~日本(地球)は今岐路に立っている~ »

今すぐ出来るアセンション~日本の役割をまず肝に銘じる~

「日本は世界のひな型」

たまたま私達は日本人なのでこういうことを言うと、

「選民思想だ」とか「身内びいき」「島国根性」だとか言う人も

残念ながらまだいるのだが、おいといて。

・・・

・・・

これまでも私は再三このことを言っているが

「日本は世界の雛型」であることは、ある意味常識となっています。

日本のスピリチュアリストはもちろん、

世界のスピリチュアリスト、また、私は特定の宗教は持たないが、

たとえば世界の宗教のかたがたもそれを言います。

実際、私に初めてこの事実を教えてくれたのは

アメリカのある宗教家である友人でした。

アセンションてなに?

なにしたらいいのか?

わからない人は、まずは「日本の役割とはなにか?」を

ざっくりでもいいので知ったほうが早いです。

恋愛、仕事、家族に一生懸命になるのは当然。

でもそういった日常のルーティンワークのような狭い視野では

なかなか実感できないと思うからです。

アセンションとは何か?

私は、中学の社会の授業で世界地図帳を手にしたトキから

地図帳が大好きでした。

授業と授業のあいだでは周りの席の子達と

地図帳をそれぞれ持って、場所あてゲームをするのが好きだった。

世界のどんな小さな町でもいいから誰か一人がたとえば、

「トレド!」と言い、他のものが探す。

なるべく、マイナーな地名を言うのです。

まあ、中学生くらいじゃ、日本の地名だってよく知らないよね。

だから世界を視野にいれた、このゲームがすごく楽しかった。

一番に見つけたものが次の地名を言う・・・。

そんな風に世界地図と遊んでいるうち、

「ん?オーストラリアって四国にかたちが似てるよね?」とか

「九州ってアフリカ大陸に似てる~」とか

本当に不思議に思ったものだ。

だいぶしてこれにはゆるぎない理由があったと知ったときは

まさに目が覚める思いだった。

「日本は世界の雛型」だったのだ。

Hinagata

北海道→北アメリカ大陸

本州→ユーラシア大陸

四国→オーストラリア大陸

九州→アフリカ大陸

台湾       →南米大陸 または、

本州の東北地方→南米大陸との説もあり。

・・・

オリンピックやワールドカップが世を映す鏡であるのは当然。

そのとき、世界の縮図であるわが国日本が

どういうメッセージを伝えるのか

このメッセージにすべての意味が詰まっていると言える。

だから今夜もサッカー見なくては。

引き続き、寝不足続行中・・・。

↓↓↓

「日本は世界の雛型」について、過去記事を再度使おうと思いましたが、

良く書かれているものを見つけたので転載します。

何度も読み返してみてくださいね。

↓↓↓

日本は世界の雛型といわれています。

北海道は北アメリカ大陸、本州はユーラシア大陸、四国はオーストラリア大陸、

九州はアフリカ大陸、台湾が南アメリカ大陸というように、

台湾を含めた五島が五大陸に該当します。

日本列島の霊成型(雛型)通りに世界の五大陸が成っているわけです。

要するに神様の創られている世界には全て霊成型があって、

全て相似形になっているのです。

だから日本の霊界が狂ってくると、五大陸全体の人類が苦しむ時代が来るのです。

そのようなわけで、日本列島は地球全体の霊成型(ひながた)であり、

そこの土地には元の霊成型、宇宙創造された国万造主大神様のご神魂を持つ国常立大神様の龍体が写し出されているということで、霊界と現界は常に円錐形になっていて、上の霊界が下の霊界をつくりだしていく。

写し世という仕組みが出来上がっているのです。

このように日本列島の形は龍体を表したものです。

神は人類創造に当たって五色人を創られました。

黄人、赤人、白人、青人、黒人(紫)などの五色人です。

日本という土地は「霊(ひ)の元つ国」である。

つまり神が万象の霊成型即ち霊的原像を造りだした、

無から有を生み出すわざの元となった土地です。

つまり人類はこの日本から発生し、世界へ広がって行ったのです。

このように五色人に対して霊籍の基本の人となっているのが、

<ヤマト>人なのです。

五色人の中心的な存在ということを表しています。

日本という国の霊界は主神が多くの神々を生み出し、

また人類の霊的原型を創造した元の地・元の霊気の場です。

だから世界の霊界を富士山に例えてみるならば、

日本の国の霊界は富士山の峰の部分つまり頂上にあたのです。

したがって日本の国の霊界が汚れ濁ってくると、

富士山の麓にあたる下の方の国々の霊界は、そのため太陽の光が曇って暗くなったような状態になり、世界人類は争いと混迷と災厄によって永く苦しむようになる。

また日本の霊界が乱れると、世界は乱れて人類はただ苦しむことになる。

だから世界に天国文明や平和を造りだそうとするには、

日本の国の霊界を明るく穏やかな狂いのないものとするほか方法がない

ことを人類にサトラせないといけないのです。

日本、日の本、霊(ひ)の元の国がどのような国柄なのか、

悠久の歴史を持つのみでなく、

世界の国々に対してどのような役割を果たさねばならないのかという問題がある。

それらを十分に心得た上で、この国際化時代の世界に対応することが

私たち日本人として重大な心構えとなっているのです。

日本人は「日本のための日本人ならず」で、

善意をもった大国として世界への貢献に徹することが重大な責務なのです。

しかし世界への貢献といっても、「モノ・カネ」がほんとは主体ではありません。

モノ・カネは目につきやすいので、世界の人々に善意を理解してもらいやすくするために貢献するものであって、

もっと本質において重大な別の貢献があるのです。

神様はそれを「次期文明のための霊的使いなすことこそ、ヤマト人上下あげての大事にて、今世ののちの幸と奇跡のもととなることをサトラしめよ」と表現しておられます。

「次期文明」とはどのような文明なのかというと、

教えでは「霊主文明」と言っています。

これまでの文明原理はモノ・カネという物質を主体にした「物主文明」でした。

これは主神のご経綸によって水(月)の系統神が主体となって活躍され、

物質を進展させるためのものでした。

それに対し、このたびは火(日)の系統神が代わって表に立たれ、

霊的世界を主体とする「霊主文明」を展開する時代となったわけです。

この霊主文明を推進するための霊的な役割を果たすことが、

これから日本人の一番大切なつとめなのだ、と神様は言われるのです。

そこで「霊的な役割」とはどういう事かと言いますと、

この宇宙万物はモノのみで出来ているのではない、

物質だけの世界ではないことを人類に分からせると共に

人類を霊的に浄めることなのです。

物質世界は物質原理のみで動いているのではありません。

したがって世界人類が平和であるためには、

また繁栄し豊かで争いなく幸せになるためには、

まず霊界の状況が穏やかに整っていなければならないのです。

そして霊界が穏やかに明るく整うためには、

霊界がクリーンになっていなければなりません。

この霊界浄化の役割を神様は私たち日本人にやれと仰るのです。

日本は霊主な霊界で、

ヨーロッパやアメリカという西洋の国は物主な世界であり、

物質文明を発展させて行くための霊界です。

ヨーロッパは物質文化、日本は精神文化を進めて行く役割があるので、

ハッキリと神様が立て別けをされているのです。

そこに東洋と西洋との霊界に違いがあるのです。

日本本来は神様のご経綸からすると、

鎖国しておくことが正しい

ものなのですが、

開国を行い物質が入って来て、現在のような物豊かな姿になってしまったのです。

(yahoo知恵袋より)

「日本は世界の雛型」とする説がある。

これは出口王仁三郎の大本教などで唱えられた説であるが、

日本で起きたことが拡大転写して世界に反映するというものである。

戦後教育を受けた者としては、このような日本中心の説は戦前の国粋主義に繋がるものであり、人によっては嫌悪感を催すかもしれない。

しかし、先に見たように日本列島が世界の縮図になっているという事実は、

否が応にも日本という国の特殊性を認めざるを得ないだろう。

世界の諸大陸は、新生代と呼ばれる6500万~180万年前に現在の形になったと言われている。

元は一つの巨大大陸だったパンゲア大陸が分裂、移動して現在の形になった。

大陸移動そのものは、まさしく自然現象であり、そこに人為など入り込む余地は無い。

しかし、その世界と日本列島が悉く相似する事実は何であろうか。

偶然でこのようなことが起こるのは有り得ないと言っていい。

そこにはまったく「人為的な」何かを感じ取れるのである。

私が長年このことに引っ掛かり続けている理由は、まさにそこにある。

大陸をこのように「デザインする」人為的な何か。

これはまさしく、天地創造を行った神なるものの存在を証明するものではないのか。

たとえ無神論者がどのような異議を唱えようとも、

世界と相似する日本列島という事実は、

現実の地理上に厳然と存在しているのである。

しかし、世界をこのように創造した神は、

現代という時代において喪失している。

失われた神は、やがて再臨するのであろうか。

その鍵を握るのは、世界の雛型たる日本にあるのかもしれない。

(byカケル)

Shukuzu2

http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1360700

|

« サッカーWカップ | トップページ | 闇に光を~日本(地球)は今岐路に立っている~ »

スピリチュアル」カテゴリの記事