« 気づき~日本は孤立して大丈夫か~ | トップページ | 気づき~ありがとう、中国韓国北朝鮮~ »

2010秋分の日を越えて

本当に、がらり、と変わりました。

水が宇宙を記憶しているのだとしたら、

空気や風は「思い」を記憶するのでしょうか?

・・・

昨日、いつものように勤務先を退社し、ウォーキングがてらの

2つ先の駅に一歩足を踏み出したとき・・・

本当に懐かしい風が私の全身を包みました。

「この風・・・知っている」

急に涼しくなった東京の空気。19度ほどでしょうか・・・。

思い出したのは1998年秋。

・・・

アセンションの流れでいうと、我々の経験は1998年までです。

それ以降に生まれた子供達はすべてを悟って生まれています。

我々の成長、アセンションをフォローするために生まれてきたのです。

幼児虐待などで幼くして命を落とすのは

生まれた目的がそうだからです。

我々の成長、アセンションをフォローするために生まれてきたのです。

昨日、思い出した空気は1998年の風でした。

・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「終わりのはじまり」」です。

1998年までが「起承転結」でいう、「起承」で、2010年までが、「転」。

地球のアセンションについて、多くの人がおっしゃるなか、

2012年説が主流であり、私もそれはそうだと思います。

でも実は、ここ最近日に日に「前倒し」傾向を感じていました。

2011年だ、とおっしゃる人も多かったのは知っていました。

でも、自分的に実感として無いので、なんとも言えなかった。

逆に2015年にのびた、と言う人もいる。

きっと、みんな、根源は同じなんだけど、どの段階をもって「アセンション」というかの

違いなだけなのだが・・・。

そして、私はこの秋分の日を超えてみて、昨日の風を受けやっと確信しました。

本番は2011年かもしれない・・・。

本番?というか・・・

・・・

とにかく、2010年9月23日を超えて、地球は変わりました。

私のメッセージを受け取る基本は「数字」と「夢」です。

たとえば、私は仕事柄、一日に何十人もの人と電話で話します。

今までの経験としてだと、約10万人の方の、お話を伺ったと思います。

その中には、心穏やかでない人が毎日約1割はいます。

こちら側は、簡単な個人情報のデータがあります。

つい3年前くらいまではデータなど、気にもとめていなかったけれど、

最近は、教えてくれるのです。「数字」が。

端末に写る、データの数字が踊るのです。

それは個人個人によって違うのですが、たとえば、生年月日だったり、

電話番号だったり、お取引歴だったり・・・。

数字が、心穏やかでない人の慰め方を教えてくれます。

あ、脱線してしまいましたが、そうです、「数字」が教えてくれるのですが、

最近やたらと、1のぞろ目を見ます。今までも3桁のぞろ目はしょっちゅうなのですが、

ここ1ヶ月ほどは4桁・・・「1111」を毎日沢山見ました。

通常は「エンジェルナンバー」として解釈するのですが、なぜか今回は違いました。

「2011.1.1」が気になります。

いよいよだよ、来年は度派手だよ!・・・

という声が頭から離れないのです。

そしてそんなことを思っていると「222」や「2222」のオンパレードです。

・・・

「2」は現実化です。

そして、次は「555」を見るのです。変化です。

(さすがに「5555」はまだ見ていません。見たらそのときかも。coldsweats01

・・・

話はつきませんが・・・。

尖閣諸島の「当たり屋」の事件はみなさん誰もが驚いたでしょう。

昨日、中国船長は釈放となりました。

中国政府は、両手でピースしながら戻ってきた船長に花束を贈呈し、

記者会見で、「尖閣諸島は中国の領土です!」とどうどうとしゃべらす。

挙句に日本に対して謝罪と賠償を求めたというから

「開いた口がふさがらない」とは正に・・・coldsweats02

このニュースを見て、眠ったままの平和ボケ日本人も

少しは目がお目覚めではないでしょうか?

そうです。

いよいよ、世は終わります。

「終わりの始まり」なのです。

世が終わるといっても、それは次元の終わりという意味です。

3次元、物質世界、いわゆる資本主義社会の崩壊のはじまり・・・。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

歴史的にも国際法上でも、尖閣諸島は日本の領土です。

こんな、誰が見たって、子供だってわかるような駄々を

な~ぜ、?sweat01

中国はもう今や、たこが我が8本の手足を食らいながら生き延びている状況だ、

ということです。

はい、簡単。食うものに困った→金持ってて弱虫ボンボンを恐喝。

そう、意外とみんな知りませんが、日本は資源大国です。

活火山があるということは、イコール地下に鉱物が豊富に眠ってる動かぬ証拠。

日本の領土は世界で60位(加盟国192か国中)ですが、

領海はなんと6位です。

中国が尖閣諸島を「嘘でもいい、ほしいもんはほしい」と駄々をこねる訳です。

今、次々と日本の山林を中国人が買い占めています。

飲み水がないから、湧き水を求めて、、、と思われます。

土地やマンションも中国人の富裕層が買いまくっています。

中国のバブルは当たり前ですがいずれはじけます。

そして飢えた中国人が家族親戚を引き連れて日本になだれ込んできたら

いったいどうなるのでしょうかね。

・・・・

「竹島」をくれ、という韓国も北方領土も・・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

普通に友好的に「分けてください、お願いします」と言えばいいのにネ☆

「だのに~な~ぜ~歯をく~いし~ば~り~

嘘を~つく~の~か~そんな~にして~まで~」

・・・って政府は言われなくてもわかっているからタチが悪い。

(知らぬは国民だけ~)

日本には「話せばわかる」という「和」の心があるが、

他国にはそれが無いのを知らねばならない。特に中国、韓国、北朝鮮には

「ねこぞぎ」、無い。

・・・

とにも、かくにも、明日から年末~2011年は「結」にむけて大波乱だろう。

こういうときこそ、だからこそ、ひとりひとり、「地に足をつけること」が大事。

アセンションだからもうふわふわ生きよう~じゃだめよ。

それじゃあ、ゴールを目前に、もう決まったもんだから一休み~

の「うさぎと亀」状態ですよ・・・。wink

地に足をつける、とは、当たり前のことをちゃんとやる、ということ。

掃除、洗濯をちゃんとやる。食事をちゃんととる。

自分の体をいたわる、いつも健康に保つ。

会社は無遅刻無欠勤。自分に与えられた役割をまっとうする。

学校も無遅刻無欠席。親の手伝いも家でちゃんとする。

家族と仲良く・・・

この世で出逢う人々は相当の縁がないと出逢いません。

ましてや一つ屋根の下・・・大切に・・・。

・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

これから、どんどん闇が明るみになります。

麻薬問題はまだこれから。芸能人、有名人の名が沢山あがるでしょう。

中国、韓国、北朝鮮の危険さ、(いずれ消失する)

そういう国に、金儲けのためだけに進出した企業の衰退、

今は、検察庁の闇のほうが取りざたされていますが、

実は、その検察庁を操る悪の根源の闇に光がこうこうと当たるだろう。

今、見えている一見、「闇」はチンピラみたいなもんで

氷山の一角。

本当の闇はもっともっと大きく、深いのである。

アポロ計画の真相や、911の真相、UFO地球外生物の存在などに関して

来年はあらゆる闇に光があたるでしょう。

そのことが昨日の風を受けて、こんな私にも確信としてメッセージを受けました。

・・・

メッセージはすべての人に平等に降ろされている。

さらに沢山の人がそれをキャッチし、

地球のアセンションが出来る限り穏やかに完了しますように。

情報として、地球人口は最終的に今の1/3、

地球人のなかで、霊性の高い日本人でも、55%くらいになるそうです。

その淘汰の方法が、できればなるべく穏やかな方法だといいですよね。

・・・

以下、私のお勧めブログです。

↓↓↓

(私はなんの回し物ではないし、このブログ主さまとも面識ないです。念のため。

勝手に転載します。すみません。)

↓↓↓

~富士山様から皆様へ~



口蹄疫による、沢山の牛さん、豚さんの悲しい出来事の様に、

これから、沢山の、恐ろしい出来事や、悲惨な出来事がやって来る。



それらは、一見、とても、辛く、苦しい出来事に思えるであろう。

しかし、出来事の起こっている、深い意味を捉えるようにして。



全ては、ネバーエンディングストーリー/果てしない物語。



アトレーユが、ゲートを走りぬけたように、

映画「マトリックス」のネオが、高層ビルとビルの間を、飛び越えたように、



自分の底力を信じて、飛び越えてみて。



そして、新しいネバーエンディングストーリーを始めなさい。


出来るはずだ。











*ガンダルフ。。。映画「ロードオブザリング」の魔法使い








追伸


ネバーエンディングストーリーの原作者ミヒャエル・エンデは、映画版が不服だったそうだ。


監督。。。 黒澤明

幼心の君。。。 日本の白装束の少女

ファルコン。。。 アジアの龍

他出演者。。。  全てドイツ人


でやりたかったらしい。



今は、その理由がよく解かる。

エンデは、日本は世界の雛形、龍神国を、潜在的に理解していたのだ。









主人公の本を読む少年が、皆様お一人お一人だ!

ロード・オブ・ザ・リングの主人公の旅する少年も、皆様お一人お一人だ!




ネバー・エンディング・ストーリー

http://plaza.rakuten.co.jp/ascensionreimei/

|

« 気づき~日本は孤立して大丈夫か~ | トップページ | 気づき~ありがとう、中国韓国北朝鮮~ »

スピリチュアル」カテゴリの記事