« 今日の庭~あなたはどんな種を蒔きますか?~ | トップページ | 中秋の名月と秋分の日 »

闇に光を!~牛の作文~

私達は本気で肝に銘じなければならない。

いや、死ぬ気で取り組まなければならない。

マスコミは何にも伝えない。

今、本当に私達は瀬戸際・・・。

↓↓↓以下転載↓↓↓

牛の作文(1)

こんにちわ。私はもと、だったのです。

日本のある牧場で生まれました。
産まれて5日目のこと、
かあさんと一緒にいた場所から遠く離れた
暗い木の檻の中へ移されて、もうかあさんの乳は飲めなくなりました。

母さんは毎日、毎日大量の乳をしぼられます。
わたしを産んですぐに人工授精させられたのです。
そして、わたしにはおかあさんの乳首からではなく、
バケツから肉や骨の匂いのした乳をあたえられました。

わたしには弟がいたのですが、
産まれて1週間でいなくなりました。
おとこのこは、仔牛のうちに殺されるそうです。

そのうちかあさんも、いなくなりました。
乳が出にくくなったのです。まだ3歳でした。

母さんが殺されて、何の用途に使われたのかはわかりませんが、
ここにいるほかの牛たちも、いずれ殺されるんだということが
なんとなく、雰囲気でつかめました。
そういう運命なんだようです。
そしていずれわたしも殺されるようなんです。
お願い!たすけて。死にたくない。

生きているという事は、どういうことなの?
わたしたちは天寿をまっとうする資格なんてないの?

仲間の牛にはへんな動きをする牛もいます。
同じ所を何度も見たり振り返ったりまた見たり・・。
日が暮れても機械のように動いてる。
狂ったのかもしれません。

いつも突然、何頭かの仲間たちが連れて行かれます。
そして二度とここ(牧場)へは戻ってきません。

連れて行かれる仲間は、突然その日に決まります。
だからお別れを言う間もないのです。

ロープで引っ張っていかれる仲間たちは、殺されることを知っているので、
動こうとしません。

でも、何度も何度もたたかれて、
どんなに抵抗してもトラックにのせられます。
いつもその悲鳴を聞いていて、恐怖におびえる毎日です。

私達はいつも運動不足です。
日光にあたる機会もなく、歩き回る事すらできません。
ある日、太りすぎた仲間が、体重をささえきれなくなって
とうとう立てなくなってしまいました。

骨折したんだと思います。
そして、すぐ屠殺(とさつ)場で殺されました。

骨折した牛はもう、人間の食用にはなれないそうで、
医者にも見せず、骨折しただけで 殺され、
ペットフード用の肉になりました。

   * * * * *

いよいよ、わたしにその日がきました。
あの、血のにおいのする小屋へ行くことになりました。

覚悟は、全然できていませんでした。
ただ、ただ、悲しかった。

目から涙があふれ、
この世に思い残すことがいっぱいです。

死にたくない!
私は、まだ若いのです。

お願い!だれか助けて!!
納得のいかないまま、小屋に入りました。

初めて見る小屋の中には
いろんな機械がいっぱい置いてありました。

片足を鉄の輪で固定され、
逆さ釣りにされました。

痛い!ものすごく痛い!!
想像できますか?この痛み!!

体重が一本の足首にかかり、骨が脱臼し激痛が走ります。

この人間達は、これから殺す動物に慈悲の心はありません。
最後まで鬼のようなこの人間たち!

恐怖と恨みで涙がいっぱいになりました。

首のあたりにナイフを入れられて
血がだんだんと下に落ちていく。

数時間のうちに私のからだはばらばらに解体されていきました。

私は死にました。
でも、魂はちゃんとその光景を見ていました。

私の体・・。
何人の人間たちが食べるの?

私は人間を襲ったり食べたりしたことないのに、
私は人間に食べられる。


私と人間との間に、
どんなちがいがあるのだというの?

・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

牛だった私は屠殺されてその後・・

魂になった。


人間に殺されたけれど、恨みはない。


人間より偉くなった。


人間はいまだに欲望やその時だけの方便を夢(目標)にし、

実現に向かって躍起になっている。


こうして魂になってみるとよくわかる。

いかにそれが無駄だってことが。


人間に関して考えてみると、みんな働き者で

一生懸命生きているけれど、

自分の住まいから見えている距離までの方便しか

考えて生きていない。

こうして魂になってみると、

人間って、狭い、意味のない考えしか

していない事がよくわかる。

なぜなら、

私の中にもそんな人間がいて、

人間の考えが手に取るようにわかる。


こうして方便は必要のない世界に来てみると、

自分と他人の敷居がない事がよくわかった。


人間との敷居もない。

知らない奴との敷居もない。


なぜなら知らない奴も自分の中に住んでいるので

知ろうと思えば見る事ができる。(丸見えです)

相手の存在が気にならなければ知る必要もない。
                     

意識は

すべての個体とつながっていて

《想う》と同時に伝わる。

だから物質的な電話や、

電気や、

電線も必要ない。

でも牛だった頃は

それが全く通用しなかった。

私の意識は眠っていた。


今ほど考える事もなかったし、

先の事を知ろうとしなかった。


恐怖は気配を感じた時だけ心配したけど、

人間のように

先の先まで考える性格じゃなかった。



魂になった私は、

私と人との運命の違いについて考えた。



そのちがいは

どっちもどっちだった。


今度生まれるなら人がいいか牛がいいかと考えたら

牛の方が楽だった・・かもしれない。


“人間” は決して  うらやましいと思える地位ではなかった。

なぜなら、牛の方が自由は少なかったが、

そのぶん罪を重ねなくてすんだ。



死ぬ時の恐怖は

牛、人、 関係なく、襲ってくるし、


どんな死に方を迎えるかは

人とか牛とかと言う種類に関係なく

個体差があった。


人間の場合は、

人生が長くて波乱万丈で喜怒哀楽がある。



とてつもなく長いジェットコースターに乗って

いろんな感情を味わわなければならない。


私は怠慢なので

牛でいいと思った。


ゆっくり、ゆっくり、

成長(魂の)していけばいいと思った。

私の魂も疲れる時がある。
           

・・・

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

牛だった私を心配してくれた人間が

ごくわずかにいた。


その人の心の中に私がいるから、

私を見た時、泣いたんだと思う。
確かに、

牛だった私には  ひどい制度(人間のエゴ、家畜制度)だったけれど、

魂の良心を傷つけてまでお金のために働く事しか思い付けない人間のほうが

哀れでならない。


社会、  流れ、  習慣、  風習、 歴史のなかに流されず、

魂の声に耳を傾ける…

・・・・ってなかなか難しい事なんだろうかなと思う。



人間に生まれたら、

人間の社会があり方便があり、

教育がある。


縛られていると言う意味では

箱詰めで育てられた牛の時の私と変わらない。



先の心配をしないだけ、

精神的に楽だったかも知れない。


危険回避は遅れたりするけれど、

どんな動物だっていずれは死ぬ。



人間も例外ではない。

必ず死ぬ。


魂になって初めてわかる事だが、

  《長生きする事・・》 に重きをおくのは

意味がない。



どう生きてきたかという

生きざまが重要なのだ。



人間には、

それを発揮できる可能性とステージがある。



その点は、

長い長い人生と生老病死をはじめ

あらゆる経験をさせられても

値打ちある事ではあるが。




動物を食事として選ぶ人間が今、 多い。


全てに関して思慮がなさ過ぎる。


彼らは、自と他に境界線を引いている人たちです。


自と他が別だと思うから

《独占欲》 

 《嫉妬》 

 《境界線の発生》

ひいては 《戦争》

  《奪略》  

 《差別》 

  《虚栄》   

《見下し》

これらの心が発生する。

        

自と他を融合させるには、   

まずはじめに、

他人の痛みがわかり

他人の視線で自分を見つめる事が出来なければならない。



動物を食事とする人たちは

動物です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

転載終わり。

私はどこの回し者でもなんでもないので

あえてどこからの転載かは申しません。すみません。

アセンションに向けて、私は日々物凄い勢いで意識が変化しています。

涙が出ます。

もう照れたり、躊躇したり、思案している時間など全然ない。

私達に、もう時間は 無い。

締め切りはとっくに過ぎた。

その締め切りの締め切りが毎日やってくるようだ。

そんなメッセージが寝ている間も降り注ぎます。

闇に光を!

|

« 今日の庭~あなたはどんな種を蒔きますか?~ | トップページ | 中秋の名月と秋分の日 »

スピリチュアル」カテゴリの記事