« Balance | トップページ | 消えて無くなるものなど何も無い。・・・続 »

あの空は夏の中

10代の頃の私の支えになった詩人の

「銀色夏生」さんです。

「あの空は夏の中」で

著者はこう書いています。

「私は孤独である限り、詩を書き続けるでしょう。

思い出も現実も、それほど変わりがない毎日は、

生きていくにはあまりにもつかみどころがありません。

センチメンタルにも、どんなふうにでもできるから、

人々は夢を、みたいようにみるのでしょう。

どうぞ幸福になってください。

私があなたを守ります。」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「あの空は夏の中」より。

伝えたい気持ちがたくさんあります

|

« Balance | トップページ | 消えて無くなるものなど何も無い。・・・続 »

」カテゴリの記事