« 今本当に大事な情報って? | トップページ | 新生児・記録 »

自分に集中できない人へ

私もです。coldsweats01

1/4の大事な新月を超えたというのに

いえ、ひとつの道がまた見えたは見えたのですが・・・。

心がざわざわして集中できません。

2011年、さらに「あるがまま」「自分らしく」でOK!なのですが、

なんだか、ちょっと様子が違う・・・。

魂の平成、ニュートラル状態に戻るには「瞑想」がいいのですが、

それもなんだか億劫で・・・

そんな人へ。

瞑想とか、心の平成とか、浄化とか・・・

難しく考えるのはやめましょう。happy01

ようは、「無」になればいいのですよ。または「空」。

空っぽに・・・無心になればいいのです、まずは・・・。

それが出来たらまたいつものように心穏やかに瞑想が出来ると思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あせりは禁物。

本当の自分をたった一瞬だけ忘れてしまっているだけなので。shine

・・・

なんでもいい、簡単に、手っ取り早く自分を「無」に出来るものを

幾つか、魂の非常袋として携帯してください。

ちなみに私が手っ取り早く「無」になれるのは、

・ピアノを弾く。

(直感にあわなければ途中で曲をどんどん変える。完ぺきに弾こうと思わない)

・編み物をする。

(何をつくるか、は考えない。ただ好きなように編む。)

・正座する。

(意味はない。ひたすら姿勢を正す。)

・ドライブする。

(宛てはもちろんない。)

・秘密のおまじない。(wink

(これは内緒。自分の両手だけで出来るもの。お釈迦様の手元みたいな)

ほら、よく、緊張したときに手のひらに「人」って書いて飲み込む!とか、

あんな感じで。note・・

特に編み物は今、ちょっと助けられています。

何が完成するでもなく、ただ直線編みをしたもの、飽きたからと片付けてしまわず、

常に目に入る、そこらへんに放置しておくのです。

なにか精神的にざわついている時に、「どうしよう」と思ったって

なにも良いアイデアはありません。

そんなときの特効薬は「無」「空っぽ」です。

私はさっきもとにかく編みました。3段くらい。bleah

編んでいるときは本当に無心になれるので、悶々としていたことすら吹き飛びます。

「私は編み物していますが、なにか?」って感じ。

非常袋はすぐ目に付いて、すぐ持ち出せる場所においてますよね?

それと同じ。自分の魂の非常袋を用意しておくことをお勧めします。

・・・

いつかもちょっと書いたかもですが、抱えているもの、

心も体も魂も・・・いっぱいいっぱいで空き容量が無いと、

もう何にも取り込めないので、すなわち、どこへも行けなくなってしまう。

立ち止まるしかない。

流れるのをやめた水はやがて腐ってしまう。

私たちも同じ。

・・・

・・・

2011年になり、本当に自分をしっかり持っていないと、

あらゆる波にもみくちゃにされてしまいます。

自分をしっかりもって、このあらゆる波を肩肘はらず、

優雅に乗り越えられる力を誰しもが持っています。

あせらず、落ち着いてひとつひとつの波をメイクしていきましょう。

補足ですが・・・

コルマンインデックスで言うところの、第8サイクル1999年1月4日~。

あなたのなかで1999年1月4日を境に顕著な変化がなかったでしょうか?

今からちょうど12年前。そう今年と同じうさぎ年でした。

これも必然です。

いろんな時を生きた自分と交信してください。

すなわち「自分」とはいっぱいいるってことです。coldsweats02

1秒前の自分と今の自分はすでに、もはや・・・同じではありません。

・・・

この時期、自分にうまくフォーカスできない人へ、

それを思い出す必要が絶対にあると私は思いますよ。

この話はまたいつか・・・。

コルマン博士が提唱する「コルマンインデックス」によると、宇宙・地球・人類の進化は、164億年前から始まる9つのサイクルで完成(統合)するそうです。
そして、すべてのサイクルが2011年10月28日で終了します。


■第1サイクル「細胞形成」
(164億年前~2011年10月28日)
ビッグバンによる宇宙の形成から体細胞生物の形成へといたる進化の過程

■第2サイクル「哺乳類」
(8億4000万年前~2011年10月28日)
多細胞生物が進化し哺乳類が発生する過程

■第3サイクル「家族」
(4千100万年前から2011年10月28日)
哺乳類が人間へと進化し、さらに社会単位として家族が発生する過程

■第4サイクル「部族」
(200万年前から2011年10月28日)
家族を越えたより大きな社会集団である部族が形成される過程

■第5サイクル「文化」
(10万200年前から2011年10月28日)
多くの部族が共有する文化の誕生する過程

■第6サイクル「国家」
(5116年前から2011年10月28日)
複数の部族を包含しその上位にたつ国家が誕生する過程

■第7サイクル「惑星」
(西暦1755年~2011年10月28日)
世界経済の発展と通信手段の発達にともない、国家の枠を越えて地球規模のネットワークが作られる過程

■第8サイクル「銀河系」
(1999年1月4日~2011年10月28日)
統合の原理が左脳の「分析的な知」から右脳の「直観的な知」に移行し、物質に限定されない宇宙的な意識が出現する過程

■第9サイクル「普遍」
(2011年2月10日~2011年10月28日)
マヤカレンダーの最終段階。人類の意識の進化が完成する過程

これだと、分かりにくいかもしれませんが、最初は第1のサイクルしかないのですが、途中から同時に第2のサイクルが始まり、そして第3のサイクル、第4…とサイクルが増えてくることを意味してます。

人間で例えるなら、同じ1人の人でも生涯で役割(呼び名)がいくつも増えてくる感じですかね?
最初は子供であり、大人になり、夫になり、パパになり、おじいちゃんになり…そして死んでいく。結婚しないとか離婚とかそういった細かい条件は抜いたところで、基本的に1つのサイクルは生涯続くこととなります。
おじいちゃん(第9サイクル?)は、その人の親から見ればいつまでも子供(第1サイクル?)であり、妻(第3サイクル?)から見ればいつまでも夫であり、子供(第4サイクル?)から見ればいつまでも親であるということです。


このカレンダーによると、今、第8サイクルに存在していることになり、2011年2月10日からはさらに最後のサイクルの第9サイクルも始まります。

また、各サイクル周期を見ていただけたら分かるように、段々と時間が短くなっています。

第7サイクルでは、2011年10月28日までは約256年、第8サイクルでは約13年、第9サイクルに至っては、約10ヶ月ほどです。

このサイクル1つ1つの期間も、さらに細かく13個の期間に分かれます。
例えば、僕らが今いる第8サイクルは約13年ですので、13個の期間に細かくすると、約1年(360日)間隔で13個の期間が出てきます。

■第8サイクル(360日間隔)
Day1
1999年1月5日~1999年12月20日
Night1
1999年12月30日~2000年12月24日
Day2
2000年12月24日~2001年12月19日
Night2
2001年12月19日~2002年12月4日
Day3
2002年12月4日~2003年12月9日
Night3
2003年12月9日~2004年12月4日
Day4
2004年12月4日~2005年11月28日
Night4
2005年11月28日~2006年11月23日
Day5
2006年11月23日~2007年11月18日
Night5
2007年11月18日~2008年11月12日
Day6
2008年11月12日~2009年11月7日
Night6(※現在)
2009年11月7日~2010年11月2日
Day7
2010年11月2日~2011年10月28日

13個の期間は、Day(昼)7つとNight(夜)6つの期間で構成されてます。

・・・

そして、第9サイクル「普遍」は、2011年2月10日に始まり、10月28日にて終わる。

それについてはまた・・・。

|

« 今本当に大事な情報って? | トップページ | 新生児・記録 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210971/38383618

この記事へのトラックバック一覧です: 自分に集中できない人へ:

« 今本当に大事な情報って? | トップページ | 新生児・記録 »