« 阪神・淡路大震災と東日本大震災はまったく違う。 | トップページ | 被災地の子ら »

迷惑をかけないということ。

「何をしてもいい。

人様に迷惑だけはかけるな。」

子供の時に言われましたね。

自分がそれが出来ているかわからない。

私に一回でも迷惑をかけられた、と感じている人たちへ。

本当にごめんなさい。

本当にすみませんでした。

そのとき、私を責めることなく受け入れてくれた、

あなたの思いやりに魂から感謝します。

ありがとうございました。

そして、そのご恩は必ずいつかきっと

何かの形でお返ししますから・・・。

津波を乗り越える巡視船まつしま=海上保安庁提供

福島の沖合い5km水深38mの沖でこれだけの大津波ということは・・・。crying

人々を襲った岸に到達した波がどれだけ凄かったか・・・。

テレビ映像で流れているのはきっと大分ましな部分なのではないか。

*波は水深の深い場所ではうねりでとどまり、どんどんパワーを蓄積し、

浅いところ(岸)で一気にそのパワーを放出。(サーフィンでは、「波が割れる」という。)

(沖でも水深の浅いところでは波は割れる。

最初の方の、左側に見える白く波がくずれているのがそう。

あれに直撃するとヤバイ。)

日本列島の普段のサーフィンでは、沖合い(?)100m未満で、大きくても2~3m位のうねりから割れる感じなので、

(沖ではうねりすらない感じ。)

5km沖で10mのうねりって、もう・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=UDtMUlkEGDA

|

« 阪神・淡路大震災と東日本大震災はまったく違う。 | トップページ | 被災地の子ら »

ひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210971/39353457

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑をかけないということ。:

« 阪神・淡路大震災と東日本大震災はまったく違う。 | トップページ | 被災地の子ら »