« 被災地の子ら | トップページ | 新しい春~花言葉~ »

無意識に出来る被災地救援

現地で働いている方・・・。

そういう人を知るたびに、「なんて自分は何にもしてないのだろう・・・」

と、もんもんとする日々を送っている方は沢山いらっしゃると思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そんなときに、実は、無意識にでも出来る救援を

実は、昨日も、今日もしていたよ、といいたいなあ、と思います。

・・・(今大変な、さなかの人にとっては、あまりにのんきですみません・・・・)

私がさっき、すでにたった30分で出来た救援です。

あれから、2週間、部屋の暖房は一切つけない生活も慣れました。

厚着をして、いつもの土曜日のように、家事をしていました。

気になるので、テレビだけはつけて(朝まで生テレビ)

していたのは・・・。

キッチンの引き出し、一段の整理整頓です。

Img_0330

キッチンの引き出し1段で、こんなに「我が家には無くてもいい」物がありました。

出前を取ったときに必ず付いてきてしまう物たちです。

割り箸・・・(紙入り、ビニール入り)計60膳

プラスチックのフォークやスプーン・・・計15本

ミニスプーン(プリンやアイス)・・・65本

その他、買い置きしてある、菜ばし。

バースデーケーキ用のろうそくや、ストロー。

本当に恥ずかしい、いや、結構地球に対して。crying

被災地の現状だと、貴重な少ない飲料水で、おはしを洗って

使いまわすのは衛生面で問題があるかも知れません。

使用済みのものは火をおこして暖をとれる。

ネット検索したら、割り箸を集めている団体もある。

少しづつだと、また仕分けする人が大変なので、

個人レベルで、100単位、1000単位集まれば、役に立つみたいだ。

(回りの数人で集められそうです。

もちろん、数個でも受け入れているところもあるみたい)

そのほか、いわゆる使い捨て食器類です。

紙コップ、紙さら。

*わざわざ購入して寄付するのはやめて欲しいです!。

それは、買占めと同じかと・・・。

過剰なストックや不用品が家に無い、という方は、

信頼できる団体(活動内容に賛成できる団体)に義捐金募金したほうがいいかと思います・・・。

カラフルなろうそくを見て思いました。

クリスマスケーキを買うと必ず付いてきてしまうもの。

「いらないのになあ」と毎年思いながら処分も出来ず・・・。

毎日、誰かがお誕生日でしょう。

避難暮らしでも、豪華なケーキは無くても、

カラフルなろうそくがあれば、子供は少しは楽しいかもしれない。birthday

思いは果てしなくつのる・・・・。

被災地への物資の寄付はまだまだ始まったばかり。

どこへどのように、持って行けばいいか、どうしても今はわからなくても、

ぼやっとしている時間があったら、家中の不用品を整理しておく。

仕分けしておく位は、日常の家事で数分でも可能なこと。

ちりも積もれば山となる。

まだ、全容ははっきりしていなく、おそらく日々増えると思われますが、

今、避難所で生活をしている人口は、約20万人いるそうです。

それは、地震、津波だけじゃない、原発も含めたら、

もっと多いに決まっている。

今、私たちは試されている。

|

« 被災地の子ら | トップページ | 新しい春~花言葉~ »

ひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210971/39375494

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識に出来る被災地救援:

« 被災地の子ら | トップページ | 新しい春~花言葉~ »