« お願いします。~出来ること~ | トップページ | 今週の庭~満月、救援など~ »

地球の浄化~日本の役割~

こんな法律があるんですね。catface

売り惜しみ買占め防止法

↓↓↓以下転載。

東北大震災で色々と学ぶことが多いが、法律に限っても知らないことが多いのを再認識させられる。

人気の枝野長官が記者会見でぽろっと述べた、買い占めに対する法的措置、その根拠法は次のような法律の模様だ。

生活関連物資等の買占め及び売惜しみに対する緊急措置に関する法律(昭和四十八年七月六日法律第四十八号)

この法律は、生活関連物資の価格の異常な値上がりがあり、その売り惜しみや買い占めが行われるおそれがあるときは、その物資を政令で指定して調査対象にし、指定された特定物資を大量に在庫している生産者や販売者にその放出を命じるものである。

放出というのは、特定の売り渡し先に売れと命じるわけで、民事の売買契約を締結しろというわけだから、その売り主・買い主の契約締結が必要だ。当事者間の協議が整わないときは、首相が裁定により内容を決める。

そして裁定に不満があるときは、一方当事者が他方当事者に訴えを提起して、売り渡し金額の増減を求めることができるというのだが、これは形式的形成訴訟ということになろう。

民訴の教科書では父を定める訴え、共有物分割訴訟、境界・筆界確定訴訟の三つが形式的形成訴訟として知られているが、これに続く形式的形成訴訟だ。

金額の増減なら、非訟事件として立法する方が筋だと思うが、この法律の特性上訴訟手続によらないと違憲のおそれがあると考えたのかもしれない。

なんとも統制経済的な法律で、昭和47年というとオイルショック直後の混乱期だが、忘れ去られた法律というわけではない。あの、武力事態に対する国民保護法でも、129条に、この法律の発動が規定されているのだ。

自衛隊はおろか米軍にも出動をお願いしようという現時点では、武力攻撃をうける事態に匹敵するような危機的状況でもあるわけで、官僚たちの脳裏にこの法律が真っ先に浮かぶのは当然のことかもしれない。

・・・転載終わり。

二日にわたってこのブログでお願いした、

「緊急ではないのにコールセンターなどに電話しないで」

「人に手間隙をかけさせない」。

おかげさまで、本日は大分電話の本数は減りました。

何らかの形でご協力くださっている皆様、本当にありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

私も昨日、ゆうパックからたまたま地震に関係ない郵便物が来ました。

不在だったため、再配達をお願いしようとしましたが、手続きの手間をかけさせ、再度配達に走らせるなど、とても心苦しくて出来なかったので、直接保管場所の郵便局まで取りに行きました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回の震災で強く感じるのは、

「何かをしてあげる」救援よりも、「何かをしない」救援の意義です。

今までの、3次元、物質世界と、5次元の違いです。

被災地に救援物資を送る前に、日常で緊急ではない宅配を出さない意義。

義捐金募金をする前に、買占めをしない意義。

何かをするのではなく、何かをしない、ってことがどれだけ意味があるか。

避難生活を送っている子供達を見るとよくわかるのです。

避難所の人たちが行っていました。

「子供達も、わがままも言わないで必死にがんばっています。」

お金も無くて、知恵も未熟な子供が出来ること・・・

それは、わがままを言ったり、泣いたりして、親たちを困らせないこと。

何も持っていないから、出来ることとは、「しない」ことなんですね。

わがままを言わない。泣いて困らせない。嫌いなものも頑張って食べる。

親たちに負担をかけさせない努力を、子供は痛々しいくらい、します。

自分に出来ることといったらそれくらいしか思いつかないのですね。

でも、親たちにとってはそれが最高に何よりの励ましになるのですよね。

それは、大人である、我々も同じですよね。

私個人の意見で言わせて頂けば、もし、私が被災地にいたら、

何より、十分な食料が欲しい。電力が欲しい。情報が欲しい。

そのためには、被災地以外の人たちには、食料を買い占めて欲しくない、

電力を使って欲しくない、ネットや電話、物流などを使って欲しくない、と思うと思います。

「しない」こと。

簡単に出来て、実は最も貢献するボランティアだと思うのです。

チリも積もれば山となるし。

日本全国のみんなが少しづつ、しなければ、それだけ、スムースに、多く、

そして速く、救援物資が被災地に届くのです!!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回の大災害は、これで終わりではないと感じます。

これは、地球の浄化の序章だ、と私は感じます。

今回で、相当日本中、世界のアセンションが進んだ様子です。

今回の災害で亡くなられた方々、本当に光の役割を担ってくれました。

本当に本当に感謝いたします。

出来るだけはやく・・・

魂の故郷へ戻って、安らかなぬくもりに包まれ、

幸福の中で心ゆくまで癒されますよう・・・イメージをしています。

連日、テレビで放映される、遺族の方々・・・。

もう、神がかっていますよね。

潤んだ目で・・・しかし哀しみをなるべくあらわにせず、(お子からお年寄りまで)

誰をも責めず、ネガティブでもなく、静かにかみ締めている・・・。

あるがままを受け止めて、消化しようとしている。

(心が震えて、テレビに手を合わせてしまいます。)

この光景を世界各国は、日本人は「脅威」だとも表現しています。

恐ろしい民族だな・・・と。

こんな大災害のさなかでさえ、日本人特有の「慎ましやかさ、礼儀正しさ」は揺るがない・・・

恐怖を感じるほどの神聖さだと。

でも、日本人の在るがままがそれであり、

そう、世界に評価されたいと演じているわけじゃないよね。

在るがまま・・・で世界に「尊敬に値する」とまで言われちゃうんだから

もう、認めましょう。

日本に、しかも、この時代に生まれてきた我々には相当の使命がある。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私の、この一週間は、いつもの通勤ルートが使えず、

自家用車やタクシー、別のバスや電車を使いながら

何とか通勤をつづけました。

通常に比べ特別に運動量が多いわけでもないのに、

全身筋肉痛です。coldsweats02

不思議・・・。体重も減っています。

日本列島と同じく、私の体も地殻変動がおきて、

地球のアセンションに必死についていこうとしているって感じがします。

(ただ、この1週間、緊張と多忙の連続だったからかもしれませんが。)

結論からいうと、私は、この一大事はこれで終わりだとは

とても感じてないということです。

(不安をあおるつもりはありません。むしろ朗報です。)

地球はやはり、大きく浄化するべきなのです。

これしきではまだ足りないのです。

テレビでは「復興」「復興」といいますが、「復興」はしてはいけないと思います。

「復興」とは、辞書で引くと、

いったん衰えた物事が再び盛んになること。また、再び盛んにすること。

とあります。

もちろん、精神的な面では再び盛んになるべき、ですが、

いったん衰えた物事は再び盛んにならない、と思うのです。

この、アセンションの時代だから。

たとえば、もう、古い体質、古い概念、それは、金融システムといい、原発といい、あらゆる面で、もとに戻る道筋をたどらない、と私は思います。

たとえ、世界の権力者、政府などがそれを意図したとしても。

主導権を握っているのは「地球」です。

地球がどうなりたいかです。

すべて、地球自身の希望がとおります。

もう何度も書いていますが、地球は本気です。

今回のことでも、まだ、元通りにしようとするなら、

当然にして、地球はそれを阻止するべく

更なる天災を起こすと、私は思うのです。

だから、まだいわゆる災害は続くと思います。

・・・

私は歓迎です。

電気を使いすぎました。

人間は病的に自己ちゅーになりすぎたのです。

日本のこれからの使命。

それは、元(三次元)に戻ることではなく、

5次元へ向かう姿を世界に見せることです。

|

« お願いします。~出来ること~ | トップページ | 今週の庭~満月、救援など~ »

ひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210971/39281164

この記事へのトラックバック一覧です: 地球の浄化~日本の役割~:

« お願いします。~出来ること~ | トップページ | 今週の庭~満月、救援など~ »