« 迷惑をかけないということ。 | トップページ | 無意識に出来る被災地救援 »

被災地の子ら

あんまり気の沈むことばかり書きたくないのだけれど。

テレビでもブログでも、から元気のような雰囲気も受け入れられない私。coldsweats01

しかし、つくづく思うのです。

子供、特に赤ちゃんてどんな状況でも、どんなシチュエーションでも、

本当に美しいな、と。

・・・

光で、パワーで、希望で・・・

最近では、電車や道端で、赤ちゃんが近くにいると、

目を閉じていてもその存在に気づきます。

オーラを放っているのですね。

ぶわ~っと・・・表現できない気配を感じます。天使ですね。

大震災から、2週間がたちました。

張っていた気力がいよいよ肉体が付いてこられない時期です。

私も以前、あるショックで拒食症になり、気力でやり切れたことが、

とうとう肉体レベルで途切れた頃が、ちょうど2週間めくらいでした。

一歩も歩けなくなりました。自分の肉体を連れて歩けないってびっくりしました。

時間差でくるのですね。

つくづく肉体って・・・この3次元で与えられた制限ですが、

つくづく、魂と肉体は別次元だと・・・。

多くの人が体験したでしょうね・・・。(いいのか、悪いのか今はわかりませんが・・・)

今、ちょうどその2週間目で子供も大人も肉体に症状が出ています。

そして、われわれ日本では、原発の心配を抱え続けています。

(これについてはまた今度・・・)

・・・

まだまだ「買占め」が進んでいるようです。

本当にやめましょう。

あなたの1ヵ月後の蓄えが、誰かの今日を奪います。

避難所では毎日人が弱り、亡くなる命があります。

避難所での死はまさしく「人災」です。

はじめて見る、

自分の両親がスーパーで大量に買い占める姿を見て、

ある子供が言ったそうです。

「うち、こんなに食べれないよね?どうしたの?」

どう説明するのでしょうか。

被災地の子供もストレスを抱えていますが、

被災地ではない子供もまわりの異変にストレスを抱えています。

私たちは試されています。

|

« 迷惑をかけないということ。 | トップページ | 無意識に出来る被災地救援 »

ひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210971/39368548

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地の子ら:

« 迷惑をかけないということ。 | トップページ | 無意識に出来る被災地救援 »