« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

今日の庭

暑かったですね~。

今日は公休で、午前中、庭に小一時間いたのですが、

汗が噴出しました。

ただ・・・

肌を刺すような感覚は無いのが不思議。

一時間も素肌で直射日光浴びたら腕とか足とか焼けてもいいのだけれど、

それがありません・・・???

まったく何事も無かったようです。

やっぱり地球は変化しているなあ。

Img_0430

今夏、初ナス。大葉、ほうれんそうを収穫しました。

Img_0431

5月に買ってきた、カーネーション、まだ咲き続けていますよ!

剪定はまめにしてます。

新芽も沢山出てきました!(うれし~)

今年庭にいて感じるのは、今年は虫がおおいな~という感じ。

大根は、ここほんの1週間で芽吹いた葉をほとんど青虫に食べられ、

仕方なく全部引っこ抜いた。

虫が多いのはその虫を食べる鳥が減ったからとか言うけれど、

地球は今、あらゆるバランスが変わっていて、

それは、人間のエゴイズムのせいのなにものでもないだろう。

さてさて、明日は新月です。

何を願いますか?

↓↓↓以下転載↓↓↓

続きを読む "今日の庭"

| | トラックバック (0)

最後の一個。

最後に一個残りますよね。happy01

飲み会や、ホームパーティー・・・

何でもいいですが、大皿を大人数でつついた後・・・。

必ず、一個残ります。

・・・

うちのだんなにある日尋ねました。

「なんで一個残すの?」

答えは

「日本人だから」

・・・

ふーんとなぜか妙に納得しました。

今日、会社で、契約農家さんからさくらんぼをもらったので、

休憩室にみんなで食べるようにと出しました。

ガラスの大皿にもった、さくらんぼたち。

cherrycherrycherrycherrycherry・・・

みんな、美味しい、美味しいと食べていました。

夕方になって、器をかたそうと休憩室に行くと、

そこには、小さなかわいい器に乗せられた1個のさくらんぼ。

cherry

わざと、小さな小鉢に移されていました。

まるで、仏さんへのお供え。

coldsweats01

誰がそうしたかはつきとめませんでしたが、

そこでメッセージが降りました。

・・・

日本人は最後の一個を必ず残す。

それは、つまりは、お供えである。

「美味しい」という、恵みをくれた、

目に見えないものへの感謝。

最後の一個はどうしても残してしまう。

それは、恵みの存在への感謝のしるし・・・。

「お供え」なのだ、と、

メッセージが降りました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日本人は、そうゆう、

説明できない暗黙の了解がある、奇妙な(世界的には。sweat01)人種である。

coldsweats01

自分達はこれで普通と思っているから世界に不思議がられ、

何が不思議なのか?ととまどうけれど、

考えずに進めばいい。

日本は世界の雛形だから。

ちなみに、

最後に残った1個は食べるもよし、残すもよし。

気にしないで。

お供えしてもらった神はもちろん、食べて欲しいとも、

食べないで欲しいとも思ってないから。

good

あるがままで、そのときの感じで。

・・・だってさ。

書かされました。

ではお休み。

| | トラックバック (0)

スピリチュアルソング20110626

降りてきました降りてきました。

久しぶりに・・・。

もう夏が近いのと、

この混沌とした地球に希望を見たいのと、

我が青春時代のすべてを思い出したいのかも・・・

・・・

この曲は、私が物心ついて初めて認識した

「ラブソング」なんだよね。

男性からの私を女性として見てくれた

初めてのラブソング。

女性はこうやって男性に愛されるんだ~って

初めて感じた曲。

・・・

恋愛って素晴らしいなって思った。

男女が出逢って、愛し合うのは素晴らしいな!って心から思った。

サザンオールスターズの歌すべてに登場する男性は

女性にやさしく、美しく、魅力的。

・・・

・・・

桑田サンが、

食道がんだと聞いたときは死んじゃうのではと思ったよ。crying

・・・

・・・

生声のプロさ加減、そうそういません。

CDと、即興のギャップがまったくない。凄い。

ありがとう、感謝をこめて・・・。

サザンオールスターズ いとしのエリー

http://www.youtube.com/watch?v=bFSb_HqdsVQ&feature=player_detailpage

| | トラックバック (0)

今週の庭

Img_0422

うちの未央柳(みおやなぎ)もつぼみを沢山つけています。

Img_0424

じゃがいもがどんどん掘れています。

Img_0427

今日は、みょうがの株分け(左)と、別のプランターのじゃがいも堀り。

知人がみょうがの株を分けて欲しいというので掘りました。

写真の緑色のは、みょうがタケです。

春先のみょうがタケは柔らかいので収穫して

お味噌汁の具や、千切りにして薬味にします。

もう今ころのは硬くなるのであまり食べないかな。

そのまま生えさせておいて、OKです。

お盆すぎるころから「みょうが」がもこもこと顔を出します。

よく、「みょうが」が育つと「みょうがタケ」になると思っている人がいるけれど、

別物ですよ。

地底の同じ根から生えるけどね。

みょうがは日本版ハーブ。(しょうが科)

一度植えたら毎年収穫できるし、

虫さんもつきません。

みょうがタケは観葉植物っぽいので、ベランダのプランターでも

映えると思います。happy01

ぜひ一家に一台。note

↓↓↓以下、転載↓↓↓

【みょうがの種類】

現在、みょうがと呼ばれるものには、大きく分けて2種類「花みょうが」と「みょうがだけ」があります。「花みょうが」は地下茎の先にできた花穂(蕾)で、「みょうがだけ」は若い茎を伸ばし軟化したものです。「花みょうが」も「みょうがだけ」もいずれも食用として利用されています。通常、花みょうがは「みょうが」又は「みょうがの子」と言われています。

さて、話は変わりますが、最近また、ぐんと空が美しいです。

続きを読む "今週の庭"

| | トラックバック (0)

明日、夏至。

20110620192849

青い夕by akiko.

これ、6/19の、19時20分ころの皇居。

ここのところ、夕暮れは赤かったのに

今日は珍しく「青かった」

すがすがしく、夕時よりも、朝時を思わせる。

・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、明日は「夏至」

以下転載

2012年の冬至迄、あと1年半になりました。

実際にエネルギーの本格的なシフトは10月くらいからシフトしますので、あと残りわずかとなって来ました。あと4ヶ月少々です・・・

今、地球はどんどんとエネルギーが上昇して行って変化しています。世界中に起こる災害や変化は、新しい新生地球になる為の産みの苦しみです。

6月22日は夏至です!

その日は2011年の前半のとてもパワフルな変化の日となります。

もうアセンション(次元上昇)まで秒読みですね!

特に今年は、6月2日の部分日食(新月)に続く6月16日の皆既月食(満月)と7月1日の部分日食(新月。日本では見られません。)に挟まれたパワフルな日になります。

6月23日は、下弦の月、そして25日にはマクノートヒューズ彗星が近日点を通過して、地球の波動は22日、23日、24日、25日と変化して行くことでしょう。

22日の夏至の日は、いつもの夏至の日よりエネルギーが来ていますので瞑想には最適な日となることでしょう。

もちろん願いも叶いやすい一日となります。

瞑想や祈りに1番お勧めな時間帯は、22日の午前2時16分の夏至タイムです。次に各地の日の出時間、正午、各地の日没時間がお勧めです。

もし天気が良ければ22日の朝日を見てください。すごくパワフルな朝日があなたを浄化してくれて、あなたの松果体を活性化してくれることでしょう。高台や神社などから見る朝日は最高でしょう。

...

...

続きを読む "明日、夏至。"

| | トラックバック (0)

新法律

あの大震災から3ヶ月。

あっという間?

否!

私は断固、長い!と宣言します。

・・・

この、日本で、この先進国でリーダー国で、

三ヶ月かけて、この有様。

たったこれしきしか片付いていない。

3ヶ月という、たっぷりな期間で

たったこれだけしか片付いていない!

・・・

3ヶ月も経った世界じゃない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



新法律を作るしかない。

政府をもうひとつ作るということ。

| | トラックバック (0)

今日の庭

家庭菜園を始めて3年目。

今までで一番よく大きく育ったじゃがいもたちです。

happy01

Img_0423

芽が出たじゃがいも2個を1/2にカットして植えて、

緑を4株に。

それが、枯れ始めたので、試しに1株引き抜くと、

大きなじゃがいもが掘れたので、

うれしくなって夢中で4株分掘りました!happy01

ひとり「芋ほり」sweat01

なんだか、楽しみを一人じめしてしまってもったいないと思いつつ・・・。

早くこれは掘り出さないと、虫さんに食べられちゃうのですよ。

・・・

切実ですね。

しかし、芽が出た2個からこの量の収穫。

10倍以上ですね。

種芋じゃないのですよ。

家庭で自然に芽が出たのを埋めただけ。

(私は究極に手抜きでどれだけ出来るかの実験隊。)

凄いなあ~。と思います。



ところで、6月に入り、

物凄く、二極化が急激に進んでいると感じます。

地球のアセンションが急ピッチで行われているなかで、

5次元へのポケットがあちこちにあります。

わかりますか?happy01

感じます?

(と、書いている間に、意識が薄れるのは何でだろう?)

あんまり公表してはいけないってことかなあ。

5次元以上に人が次元上昇すると、「半霊半物質」になるという。

半物質とは、たとえば、りんごが一個ある。

鏡に映ったりんごが「半物質」。

見えるけれど、手で触れて、感じられない状態です。

実際、

自分を鏡に映して見ると、トキメクこともあり、

がっかりすることもある。

写真も同じ。

要は、イメージと比べて、上だとトキメキ、

下だと落ち込む。

昨今、美容整形する方がいる。

しわを伸ばしたり、目を二重にしたり。

潜在能力を使わずに人口的な能力を使うことです。

人口的なものと、自然なもの。

・・・

今、二極化が進んでいるなかで

わかる人にはわかるのです。

いや、誰でもわかる。

「サトラレ」。

・・・

気にして、美容整形したり、厚化粧したり、

隠したり、ごまかしたりすればするほど、

その人が隠したいと思えば思うほど、

浮き出てくる。

隠そうと思えば思うほど、

「ああ、それが隠したいのね」って

浮き上がる。

「ばれる」

・・・

coldsweats01

ね?

地球は浄化まっしぐら。

それが、凄くわかるね、この6月。

| | トラックバック (0)

2011年6月とは。

転載します。

↓↓↓

エネルギー予測~変容

Emmanuel Dagher
2011年6月

☆ 平和と天の恵み!


これから数週間かけて、天空は僕らに、『生産性をストップさせて、僕ら個々の意識と集合意識にあるたくさんの層の高まりがスピードアップするように意図したショー』を見せてくれるよ。

このとんでもない表現は6/1(日本時間で6/2)の日食で始まる3つの食でそれを明らかにするんだ。

今回の一連の食の期間は僕らの最高のビジョンをユニヴァースに再確認するのにとってもいい時間になるよ。

そして6/15(日本時間で6/16)には空は満月・月食で僕らを祝福してくれる。

僕らが自分自身の深いところに抱え込んできた『今はもう時代遅れのエネルギー』~つまり、僕らにとって最高に善きことのためにはならないエネルギーを表面化させるっていう贈り物を授けてくれるんだ。

そして3つめの日食は7/1になるんだけど、それは、『新しい、ハートが中心の世界』のためのしっかりとした基盤をセットして、それを僕らに与えてくれることになるんだよ。

それから先の月日の僕らの身体的(物理的)領域に『新しい、ハートが中心の世界』そのものを知らせるためにね。

これだけで十分じゃなかったとしても、現在の太陽活動と、これからの3つの食と、6/21の夏至とのコンビネーションがとんでもないシフトのお膳立てをしてるんだ!

これを簡単な言葉で説明してみるとどうなるかって?


僕ら個々の(身体的、感情的、メンタル的、霊的な)変容のプロセスと集合としての変容のプロセスが、大きな後押しを受けるってことさ。

つまり、これからの月日で僕らが経験する拡大は、『昔むかし』の拡大だったら自分の人生に顕れてくるまでに何年もかかったのと同じくらいのものになるんだ。

今はもう、僕らを躊躇わせるものなんてないし!

エネルギーが高まっていることの直接的な結果として僕らが今経験している身体的症状は、こんな感じかもしれない。

朝起きたら、まるでエクササイズしたばかりみたいに身体が疲れてるって感じがするとか、偏頭痛がするとか、不安を感じるとか…(神経系がアップグレードされてるからね)。

消化器系でのシフトもあるから、特定の食べ物に敏感になったり、ダイエット中なのに甘いものが無性に食べたくなったりするかも。

それに、過剰に考えすぎたり、いつもより感情的になったり、感情的に反応したりすることもあるかも。

それから、よくあることだけど疲労を感じたり、皮膚に問題が出たり、鮮明な夢を見たり、やたら暑くなったり、寒くなったりで汗をかいたり、引き延ばしをしたりするなんてこともあるだろうね。



こういった症状は、僕らの身体や感情体が新しい高い振動を統合しているってことのインジケータになるんだけどね。

ここで僕らに求められていることは、自分自身に対してすっごく優しくなるってことであって、進行中のことのどんな側面をもコントロールしようとしたり、何とか押しやろうとすることじゃないんだ。

こういう症状になるのも、僕らを犠牲者として転げ回らせるためなんかじゃないんだよ。

こういうこともごくごくノーマルなことだって理解することで、それが僕らにエンパワーメントを与えるんだ。

「こういうことなんだ。」ってわかっていることが、「こういった経験は、もう既にいい状態だって感じている自分の人生のエリアに自分の注意を移すよう、そのための余地を生み出しているわけだし、これは僕らの今のプロセスの一部であって祝福なんだ。」って認識して受け容れることを僕らに可能にさせるわけだからね。



☆ 『より高いありさま』でいる


最後の食(7/1)が終結した直後、僕らの多くが、まったく新しい人間になったような気がするだろう。

毛虫が蝶になるのと一緒で、僕らは「完全に生き返って、これまで過ごしてきた年月よりもずっとイキイキとしている。」って感じるだろう。

このメタモルフォーゼは思いやりや愛、感謝、受容をもっとラクチンに表現するための能力をグレードアップすることになるんだよ。

だから、この『より高いありさま』から動くことも、もっと自然なことに感じるようになるよ。


☆ 壮大なターニングポイント


過去には、僕らの多くは、『ジャッジをしない、思いやりと愛のスペース』を維持するために、とても一生懸命に『ワーク』しなければならないって思ってた。

ジャッジせずに思いやり、愛するっていうことが僕らの第二の天性だとは思えなかったよね。

『ワンネス』っていう概念もたぶん、自分の経験っていうリアリティの辞書には載っていない単なるニューエイジ用語でしかないかのように思えてたんじゃないかな。

そういう感覚は、先祖代々から受け継がれてきた『主に生き残ることに対してフォーカスを当てるべきだ』っていう条件づけがあったから出てきていたんだよね。



だけど、徐々に物事はシフトするようになってきて、僕らも箱の外側のことを考えるようになった。

それで僕らはリリースするために自分の内側に行くようになった。

そして僕らは分離の状態に僕らをとどめておくプログラムのリリースを重ねてきたわけだよね。

そうして僕らは、『本当の自分という者を思い出す』ことを追及するようになって、その中で僕らは力強くなってきたわけだ。

それがどんなにチャレンジングなことに思えたとしても僕らは、僕らを取り囲むものすべてに対する思いやり、中立、愛のスペースへと進んでいくことを意識的に選んだわけだからね。

時にはテストされていると思ったこともあるし、分離のエネルギーの中に自分が引き戻されているのに気付いたこともあったよね。

僕らの多くは、自分を分離のスペースに引き戻すことになった実際の経験よりも、自分が分離のスペースにいることに対して大きく動揺したと思う。

だけど行きつ戻りつするサイクルのそれぞれの時間に、分離のスペースから抜け出ることは徐々に簡単になってきたよね。



そして今、僕らはここにいる。

まだなっていないなら、自分の最高のハイヤーセルフから機能するっていう第二の天性に僕らがなるっていう壮大なターニングポイントはすぐそこだよ。

愛することも、受け容れることも、自分自身や他の人たち、世界を思いやることも、自然で簡単なことに感じるようになるはずさ。

実際にもう、分離のエネルギーから機能することのほうがずっと困難だと思うようになってきているんだからね。

そんなふうに機能することはもっともっと遠い記憶になっていくよ。

もし、そういうスペースに戻っている自分に気が付いたとしても、プロセスを経ることで、自分自身をジャッジすることなしにそこから抜け出すことも、もっと簡単になるよ。



☆ ファサード(外見・みせかけ)をリリースする


これまでに僕らの集合意識の中で優勢だった条件付けっていうのは、他の人にしっくりくるように…他の人が好きだと思えるように…他の人を楽しませるってものだった。

この条件付けの根底にあるのは、「認めてもらいたい」っていう心からの欲求からきているものなんだよね。

それで僕らの多くが、自分の価値を見いだすためにその確認を自分の外側に捜してきた。

そうして僕らは、自分がどれほど人生で成功したか…どれほどのものを蓄えることができたか…で自分の価値を測るようになったんだ。

だけど残念なことにこの種の確認は一時的なものでしかないよね。

本当は、「自分は生まれてきたんだから、自分には価値がある。

」ってことをシンプルに認めたら、もはや僕らには確認や賛同を自分の外側に捜すことなんてないんだからね。

だって僕らはわかっているもの。

「ユニヴァースはそのもの自体が絶対的に完璧なんだし、僕ら一人ひとりが僕らを生み出したユニヴァースの物理的な表現なんだから、ユニヴァースは僕らに価値を持たせているわけなんだし…。

だから僕らもパーフェクトなんだ。」っていうことを…。

「自分は何の値打ちもない」ないなんていうファサードをリリースすれば、確認のために自分の外側を探すなんてこともしなくてよくなるし、僕らは僕らの『神のパワー』を取り戻すことになるんだ。




☆ サポートを求める

この時点まで僕らの多くは、「自分は自分の人生という旅で孤立していて、一人ぼっちだ。」っていう感覚にとっても慣れてきていたから、僕らは意識的に…あるいは無意識で…自分から自分の周りにあるサポートを閉ざしてしまっているかもしれない。

だけど、どうであろうともユニヴァースはいつでも僕らをサポートしてくれている。

ユニヴァースはそのサポートをいろんな方法で送ってくれているんだよね。

それは人を介してかもしれないし、状況を介してかもしれないし、メッセージからかもしれないし、個人的な洞察からかもしれない。

もし僕らがこのサポートに対して自分を閉ざし続けていれば、自分のハートを歌わせちゃうような方法で拡大、成長、進化するっていうパワフルなチャンスを見逃してしまうことになっちゃうよ。



もし、ユニヴァースからのサポートをもうちょっと欲しいなら、僕たらがすべきことはただひとつ~求めることだ。

ユニヴァースはすぐに、僕らの生活に溢れるほどの機会をプレゼントし始めるよ。

それは、これから来る出来事を通してのことになるかもしれないし、自分が共鳴した本や洞察、友人やパーソナルガイド、家族やティーチャー、ホリスティックなプラクティショナー、コミュニティを介してくることになるかもしれないし、どんな形でくるのかわからないけれど、でも、隠れているところから出てきても…そしてユニヴァースからのサポートを感じることを自分に許しても…大丈夫だよ。

だってそれはいつでもここに…僕らのためにあるんだし、僕らに背を向けることなんて絶対にないんだからね。





じゃぁ、次回まで…
エマニュエル



著作権はすべてEmmanuel Dagher(http://www.magnifiedmanifesting.com )が有します。

| | トラックバック (0)

今日の庭

Img_0417_2

Img_0418_2

今日の収穫は、大葉と、ベビーオニオンを間引いたものと、

ほうれん草と、人参を間引いたもの。

大葉の裏側がすこし赤みがかっているの見えますか?

これは、去年大葉を育てていた花壇と同じ場所に、

新しい大葉(青シソ)の種を蒔いちゃったから。

大葉はこぼれ種で翌年にょきにょき勝手に生えてくる。

こぼれ種のものは、先祖かえりで赤シソに近づくので、

同じところに種をまくと、交配してそうなるらしい。

全部じゃないんだけど。

食べるのにまったく問題はないんだけど、

なんとなく見た目もよくないし、味も風味が少し少ない気がする・・・。

来年は違う花壇に種を蒔こう。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さて、今日の午前中の千葉県は日差しがじりじり・・・。

でも、夏!って感じじゃないんだよね。

日陰や屋内はひんやりして凄く寒い・・・coldsweats02

クーラーかけてたっけ?って何度も確認するくらい。

庭いじりしていると、背中やうなじはじりじり暑い~。

空を見上げると、太陽に円形状に虹が!

Img_0419_3

右にマンション。左に電線を見上げて撮ってみた。

リアルに見るのはじめて。

でも、これ学術的には「虹」ではないそう。

ウィキによると、虹と類似した大気光学現象とのこと。

「暈(かさ、うん、ハロー)」といわれ、氷晶によるらしい。

でこれ、今週あたりから日本全国各地で見られているね。

大地震の前触れとも言われています。

また、こんなのも・・・。

続きを読む "今日の庭"

| | トラックバック (0)

本日新月。~泣いても笑ってもこれが最後~

「泣いても笑ってもこれが最後」って言葉があります。

ここ十数日かな、私はこの感じが常にあります。

具体的に、なにと言うわけではなく、メッセージとして、

常にこの時を悔いないものにする、嘘やいつわりなく、

正直に在ろう・・・まあ、それはもっとずっと前から基本的にはそうなのですが、

この10日ほどその思いが凄く、「メッセージとして」伝わってきます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、本日新月です。

新月は、一月のはじまり、願いをこの日に固めると、

満月に叶いやすいという日です。

私個人的には、本日の「内閣不信任案」の一部始終が気になります。bearing

いろんな想念が錯綜し、永田町に、ある種のエネルギーが起こります。

そのエネルギーの方向が気になります。

しかも、私は普段は国会議事堂に徒歩でいけるほどの距離で仕事してますが、

今日はたまたま公休。

仕事中は仕事に集中しているのでスピリチュアルの感がにぶりますが、

今日はビンビン・・・。(いいのだかどうだかsweat01

さて、6月の新月、そして、6/16の満月は少々意味があります。

6/2の新月で、部分日食、6/16の満月では皆既月食が起こります。

日食、月食とは、「月が欠ける」、原因は、太陽と地球と月が直列するということ。

それが、6月は、2度も起こるのです。

また、ここ一ヶ月は、不思議な空模様が目白押しでした。

いろいろな種類の雲が一度に起こって、そのさまは日替わりです。

(ここ数日は梅雨入りしたこともあり、あまり雲を確認できないですが)

なにか、やはり、地球にとっての大変化を感じずにおれない。

急に数日前から、太陽黒点数や中規模フレアも発生。

太陽フレアは地球の電磁波に影響があるので、

電気機器、携帯電話やGPS機能の不具合、

敏感な人は体調不良、不眠、逆に深眠など、いつもと違う体感が

あると思います。

さて、本題です。

続きを読む "本日新月。~泣いても笑ってもこれが最後~"

| | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »