« 明日、夏至。 | トップページ | スピリチュアルソング20110626 »

今週の庭

Img_0422

うちの未央柳(みおやなぎ)もつぼみを沢山つけています。

Img_0424

じゃがいもがどんどん掘れています。

Img_0427

今日は、みょうがの株分け(左)と、別のプランターのじゃがいも堀り。

知人がみょうがの株を分けて欲しいというので掘りました。

写真の緑色のは、みょうがタケです。

春先のみょうがタケは柔らかいので収穫して

お味噌汁の具や、千切りにして薬味にします。

もう今ころのは硬くなるのであまり食べないかな。

そのまま生えさせておいて、OKです。

お盆すぎるころから「みょうが」がもこもこと顔を出します。

よく、「みょうが」が育つと「みょうがタケ」になると思っている人がいるけれど、

別物ですよ。

地底の同じ根から生えるけどね。

みょうがは日本版ハーブ。(しょうが科)

一度植えたら毎年収穫できるし、

虫さんもつきません。

みょうがタケは観葉植物っぽいので、ベランダのプランターでも

映えると思います。happy01

ぜひ一家に一台。note

↓↓↓以下、転載↓↓↓

【みょうがの種類】

現在、みょうがと呼ばれるものには、大きく分けて2種類「花みょうが」と「みょうがだけ」があります。「花みょうが」は地下茎の先にできた花穂(蕾)で、「みょうがだけ」は若い茎を伸ばし軟化したものです。「花みょうが」も「みょうがだけ」もいずれも食用として利用されています。通常、花みょうがは「みょうが」又は「みょうがの子」と言われています。

さて、話は変わりますが、最近また、ぐんと空が美しいです。

20110621183307_2

ここはどこ? by akiko.

はい、おなじみ、皇居です。

先日の青い夕暮れに続き、

その翌日もきれいなブルースカイでした。

本当に朝みたい。

日本は「二本」

ごたごたしている政治の頼りなさも、

日本は「天皇制」のおかげで平成でいられる。

天皇については今までも何度か書いてきたけれど、

http://naturalism9923.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e3e5.html

「天皇」というネーミングは日本だけであるのは言わずもがな、

世界では、

天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)>日本国首相etc(premier)

なのです。

日本において、政府は「権力」

天皇は「権威」です。

天皇の存在のおかげで日本人は穏やかでいられる。

だって、日本がアメリカみたいに大統領制だとしたらどう?

恐ろしいわ・・・。coldsweats02

・・・

そんな皇居の上空にはメッセージがいっぱい。

20110621183322_2

夕暮れって、その日の終わりってイメージだけど、

この写真見ると、希望を感じない?

20110621183356_2

20110621183411_2

これら、もう一度言うけど、夕時です。

2011年6月21日の19時ころの様子です。

20110621183442_2

20110621183608_2

6/22の夏至から、とても急速な地球の浄化を感じます。

これからも、天災、人災はひっきりなしでしょう。

自分(人間)が助かることメインのトレンドは完全に終わりました。

地球を守るため、

これからはそれだけ、それだけだけの 意味のある出来事、

無駄の無い、容赦の無い出来事の目白押しと思います。

でも、無くすこと、(死)を恐れないでください。

サナギは蝶になり羽ばたきます。

それとまったく同じ。

人間というこの経験は今は、「サナギ」です。

殻を破っって蝶になる過程が「死」です。

人間というこの学びは、我の魂の永遠さをかんがえたら、

ほんの一瞬の出来事です。

「すべて」と思っている、この100年足らずの寿命は、

実はほんの一瞬なのです。

だからこそ、

今なのです。

土台はサナギ時代にほぼ決まります。

からを破ったとき、アゲハになるか、ガになるか。

そういうメッセージが今週は苦しいくらい降りてきます。

毎日通勤で、皇居のおそばを歩けることを感謝しています。

また、なにかメッセージがあれば書きます。

|

« 明日、夏至。 | トップページ | スピリチュアルソング20110626 »

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210971/40522343

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の庭:

« 明日、夏至。 | トップページ | スピリチュアルソング20110626 »