« 今週の庭 | トップページ | 今日の庭 »

本日新月。~泣いても笑ってもこれが最後~

「泣いても笑ってもこれが最後」って言葉があります。

ここ十数日かな、私はこの感じが常にあります。

具体的に、なにと言うわけではなく、メッセージとして、

常にこの時を悔いないものにする、嘘やいつわりなく、

正直に在ろう・・・まあ、それはもっとずっと前から基本的にはそうなのですが、

この10日ほどその思いが凄く、「メッセージとして」伝わってきます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、本日新月です。

新月は、一月のはじまり、願いをこの日に固めると、

満月に叶いやすいという日です。

私個人的には、本日の「内閣不信任案」の一部始終が気になります。bearing

いろんな想念が錯綜し、永田町に、ある種のエネルギーが起こります。

そのエネルギーの方向が気になります。

しかも、私は普段は国会議事堂に徒歩でいけるほどの距離で仕事してますが、

今日はたまたま公休。

仕事中は仕事に集中しているのでスピリチュアルの感がにぶりますが、

今日はビンビン・・・。(いいのだかどうだかsweat01

さて、6月の新月、そして、6/16の満月は少々意味があります。

6/2の新月で、部分日食、6/16の満月では皆既月食が起こります。

日食、月食とは、「月が欠ける」、原因は、太陽と地球と月が直列するということ。

それが、6月は、2度も起こるのです。

また、ここ一ヶ月は、不思議な空模様が目白押しでした。

いろいろな種類の雲が一度に起こって、そのさまは日替わりです。

(ここ数日は梅雨入りしたこともあり、あまり雲を確認できないですが)

なにか、やはり、地球にとっての大変化を感じずにおれない。

急に数日前から、太陽黒点数や中規模フレアも発生。

太陽フレアは地球の電磁波に影響があるので、

電気機器、携帯電話やGPS機能の不具合、

敏感な人は体調不良、不眠、逆に深眠など、いつもと違う体感が

あると思います。

さて、本題です。

2012年12月とも、2011年10月とも言われるアセンションについてです。

私はたびたび、「時間が加速している」という話を書きました。

一日24時間ですが、今は加速しているので18時間だ、と書いたときもある。

(事実、世界各地で急激に増えた大地震の影響で地球の地軸がずれ、

自転が早まったという科学的根拠も加えて。)

時間が飛ぶように過ぎてゆく。

(これは、よく年をとるとそう感じる、と言われるがそれは迷信。)

3月11日の大震災後、約1ヶ月はそうだった。

まさしく時間が飛んでいった。

しかし、5月に入って、みるみる時間は減速してきました。

そう思う人他にいないですか?

やたら長かった、5月は。こんな長いと感じたのははじめてかもしれない。

5月はイベントが多く、毎日多忙だったのに、

霊性では時間がスローモーションのようだったです。

地球はアセンションする。

人間に好き勝手に荒らされた傷ついた地球はもう限界。

時間の加速で魂の浄化も早いスピードでまずまず順調だったが、

この大震災で、皮肉にも、「大順調」になった。

・・・

(災害にあわれた方でお気にさわったらごめんなさい)

行方不明者を合わせたら、3万人近い方方の英霊によって、

地球号日本丸は浄化のシフトを上げることとなった。

大変な惨事のなか、世界中に「日本人はすばらしい」と賞賛され、

「リスペクト」を受け、

まさに、地球のアセンションの代表選手にふさわしかった。

・・・

しかし、今はどうか?

被災地はもうすぐ3ヶ月も経つと言うのに、

未だに海底に亡骸が沈み、

かろうじて生き残った人々は10万人も冷たい体育館の床で暮らす。

がれきの撤去は1割ほどしか進んでいない。

それに加えて原発問題。

小出し小出しにささやくような小声で伝えられ、

実際、安全なのか危険なのかさえ未だにわからない。

被災地の方方が、今日の永田町を見たら、きっと怒りを通り越して、

悟りをひらいてしまうかもね。(皮肉)

・・・

脱線ですが、いつ見ても、国会議事堂の建物、内装は素晴らしいですね。

ステンドグラス以外の、大理石、木材はほとんど日本のものです。

見学に小学校の時とあと数年前にも行きましたが、

凄く神聖さを感じ、オーラがありました。

今、議事堂は泣いているように思います。

今の日本政府のお粗末さにです。

・・・

「泣いても笑ってもこれが最後」

今、メッセージとして強く伝わるのは、

「真実はひとつ」ということです。

私が、今までの人生で、「泣いても笑ってもこれが最後」

と思ったのは、ん~。

高校受験の時、大学受験の時、

後は、小中高の卒業式ですかね。

大人になってからは使ってないかな。

そう思うと、人生でありそうで無い、

あるいは、その時はそう思っても、記憶としてはそうではない、

って感じなのでしょうか。

これが最後と思ったが、最後ではなかった、みたいな。

じゃあ、今、私がそれを強く感じるのはなんなのか、

今、メッセージがありました。

「だ~か~ら~、真実はひとつって言いたいんだよってば」happy01

これが最後なら、「泣く?」「笑う?」って。

泣くか笑うかは正直言って、好みの問題で、

要は結果は同じってこと。

操作できるとうぬぼれて、

計算して、

泣いとくべきか、笑っておくべきか、で考えてそうしても

結果は同じだってこと。

今まではそうやって操作できたことも、

今は不可能ってこと!

ならば、計算なしに、在るがまま、泣けばいい、笑えばいいってこと。

これ以上、自分をいじめないで。

早く気づいて。

・・・

・・・

たとえば、原発問題。

当初、相当深刻な値がもれていたと、

「知っていた」と言ったって「知らなかった」と言ったって

国民は物申します。

「知っていたけどパニックを懸念した」と言ったら怒られる。

「知らなかった」と言ったら、危機管理が甘い、と怒られる。

「想定外だった」と言えば逃げだ、と言われ、

かといって、「想定してた」と言えば、やっぱり怒られる。

どっちにしたって怒られるんでしょ?

だったら在るがままにしよう。

「真実はひとつ」です。

ひとつしかない。

今回の大震災に関して、人工地震だ、という人がいる。

それに対して、私も心が右往左往した時期もあったが、

結局、真実はひとつなのです。

大地震が、人工的でも自然発生でも、犠牲者が出ることに変わりは無い。

政府が、放射線の値をごまかしていても、いなくても、犠牲者の数は変わらない。

政府が、ならば、在るがままでなんでも発表しよう、

結局真実はひとつなのだから、となればいいですが、

そうじゃないのが現状です!coldsweats01

ならば、われわれ平民はどうしたらいいか、

やっぱり、自己防衛しかないのです。

責任なんて外に無い。

すべて自己責任。

それは、ネガティブではなく、究極のポジティブ。

何かに頼ることも、それが、自分のポリシーならばOK.

何にも信じないことも、それが自分のポリシーならOK、

要は、自分の前には常に何本もの道が用意されている交差点です。

一秒一秒、交差点に立って道を選ぶ旅。

なんさ路でしょう?happy01

来た道を戻ることも出来ますよ。

それを後ずさりといいますがね。

・・・

で、とにもかくにも、本日は重要な新月なのですよ。

だから私は日本政府の動きが気になる。

だって、こともあろうに、内閣不信任案を

なぜ、新月のこのときにやるのかね。coldsweats02

今日は願いを固める日なのだから、

ぐだぐだではまずいんですよ。

間に合わない、地球のアセンション。

5月に恐ろしく減速した分、

6月に急ピッチで進まないとまずいと感じる。

間に合わないとは、浄化がハードになるってこと・・・。

意味感じてください・・・・。

今日の国会の茶番、おそまつさ、

在るがままでない、計算まみれの沙汰、

宇宙が地球にたいして愛想をつかした気がしてしょうがない。

泣いても笑ってもこれが最後なら、

泣きたい人は思いっきり泣いて、

笑いたい人は思いっきり笑いましょう。

どっちでないし、よくわかんない人は

よくわかんない顔をしましょうね。note

|

« 今週の庭 | トップページ | 今日の庭 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210971/40235311

この記事へのトラックバック一覧です: 本日新月。~泣いても笑ってもこれが最後~:

« 今週の庭 | トップページ | 今日の庭 »