« 何もしないということ・続き | トップページ | 波風は立てたくないし、波風に乗る気もない »

何もしないということ・続きの終わり

介護の大変だった親の最期の面倒を看れて

幸せだった、と言ったよね。

だけど、宇宙の法則はそう簡単ではないんだよ。

我が娘に長年介護をしてもらった親の一人の声が聞こえる。

・・・

我が娘の貴重な数年を私は奪った。

未来ある孫に寂しい思いをさせたし、

何より娘の余暇を奪うのがつらかった。

いっそ早く死んでしまいたかった。

せめて施設へ入れてくれればよかったのに。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

大好きな彼氏が借金まみれである。

彼を救いたい。

彼女は、自分の体を商品にして高額を稼いだ。

・・・

それは彼にとって、なによりも、

世界中で何よりも苦しいことだった。

そして彼は自殺してしまった。

・・・

自分にとっては生きがいで、使命だ、と思っても。

相手がそうでなければ

むしろ、迷惑なら

それでもしたいとは思わないでしょう?

・・・

「何もしない」

そっとしておくことが本当の愛。

究極の愛。

行き着くとこ・・・。

・・・

そこに試行錯誤して、右往左往して

行き着く

それが人生。

生きることの意味を知る、一部。

みんなじゃない。

届く人に届きますように。

|

« 何もしないということ・続き | トップページ | 波風は立てたくないし、波風に乗る気もない »

スピリチュアル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210971/41720984

この記事へのトラックバック一覧です: 何もしないということ・続きの終わり:

« 何もしないということ・続き | トップページ | 波風は立てたくないし、波風に乗る気もない »